iPhone、2018年から全モデルが有機ELディスプレイを搭載か
Image: Oleg GawriloFF/Shutterstock.com

iPhone、2018年から全モデルが有機ELディスプレイを搭載か

有機ELでさらに綺麗なRetinaディスプレイを!

今年登場するであろう次期iPhone(通称:iPhone 8)で噂される、有機ELディスプレイ搭載の噂。すでにSamsung(サムスン)にはパネルを発注済み、なんて報道もありますね。そんな中、Nikkei Asian Reviewはさらに進んで「2018年モデルのiPhoneはすべて有機ELディスプレイを搭載するだろう」と報じているんです。

報道によれば、Apple(アップル)は3モデルのiPhoneを2018年にリリースするそうです。これは以前の報道と一致していますね(関連記事:「iPhone 9」はさらに画面が大きくなるそうです)。ただし現時点では、サプライヤー筋が3モデルすべてに有機ELディスプレイを供給できる見通しは立っていないとか。品薄による入手困難がちょっと心配です。

一方今年は、有機ELを搭載したiPhone 8だけでなく、今までと同様の液晶ディスプレイを搭載したiPhone 7s/7s Plusが登場すると噂されています。報道によれば、この2モデルはなんと2019年の初旬まで販売されるそうです。有機ELを搭載した新型iPhoneが埋められない端末需要を、液晶ディスプレイモデルのiPhoneで埋めようとしているのかもしれませんね。

これによりSamsungや、Appleとの有機ELディスプレイに関する契約が噂されるLGは大きな利潤を得られそうです。一方国産メーカーはスマホ向けの小型有機ELディスプレイの量産には出遅れている印象がありますが、はたしてどうなることやら…。

Apple、LGの有機EL工場の専用ラインに出資との報道。未来のiPhone用に?
え、嘘? 「iPhone 8」には指紋認証機能「Touch ID」が搭載されない?

Image: Oleg GawriloFF/Shutterstock.com
Source: Nikkei Asian Review

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by