ウィンガーディアム・レビオーサ! 『ハリー・ポッター』に登場するスニッチ風ハンドスピナー
Image: Amazon

ウィンガーディアム・レビオーサ! 『ハリー・ポッター』に登場するスニッチ風ハンドスピナー

飛ばないけれど、回ります。

ハンドスピナーの個性合戦はまだまだ尽きまじ。歯車だったり、レインボーだったり、9枚羽だったり、いろんなタイプがありますが、映画『ハリー・ポッター』シリーズに登場する羽の生えたボール「スニッチ」を模したハンドスピナーなんてものがありました。

Image: Amazon

Image: Amazon

スニッチは魔法界で人気のスポーツ「クィディッチ」には欠かせない第三のボールで、ピッチ内を縦横無尽に飛び回るスニッチを追走するシーンは作中の見せ場のひとつです。

クィディッチはその人気ゆえ、現実でも開催されており、魔法を使えないマグルたちがホウキを股にピッチを駆け回る姿が世界そこかしこで目撃されています。イギリスにいたっては「クィディッチ・プレミアリーグ」が2016年に設立されるほどのガチっぷりです。

Video: Washington Post / YouTube

ホウキは頑張れても空飛ぶスニッチは再現できないため、そこは黄色い服を着た人間がスニッチとして走り回るみたいです。魔法研究がすすむまでは、どうか人力で。

そんな雑学を披露しつつ、ポケットから純銅の体とステンレス製の羽を持つ、このスニッチ風ハンドスピナーを取り出せば、「お前ってシーカーだったのか!?」とクィディッチトークに花が咲くことでしょう。羽ばたきではなく、回転で飛ぶスニッチだって魔法界のどこかにはいるやもしれません。ヘリコプターかな?

以下の表示価格は執筆現在のもののため、変更の可能性もあります。くわしくは販売ページでご確認ください。

>>その他の「ハンドスピナー」のページへ

Image: Amazon
Source: Amazon 1, 2, YouTube
Reference: The Quidditch Premier League

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by