コレがなきゃね。SamsungのAIアシスタント「Bixby」がようやくアメリカ上陸
Image: Samsung

コレがなきゃね。SamsungのAIアシスタント「Bixby」がようやくアメリカ上陸

あの、日本語は…。

Samsung(サムスン)は新型スマートフォンGalaxy S8/S8 ともに「Bixby」でAIアシスタントビジネスに参入したのですが、そのBixbyの音声アシスタント機能(Bixby Voice)がようやく英語に対応しアメリカでも有効に使えるようになりました。

Google(グーグル)の「Googleアシスタント」やAmazon(アマゾン)の「Alexa」に遅れること、今年3月に発表されたAIアシスタントのBixby。しかし、Bixbyのなかの音声アシスタント機能は韓国語にしか対応しておらず、Bixby自体、韓国以外ではあまり使い道のないものでした。Galaxy S8にはBixbyを起動する専用の物理ボタンもあるのに…。遅れた原因として、Bixbyが英語を利用するための十分な学習データが集まっていない、という報道もありましたね。

Video: Samsung Mobile USA/YouTube

でも、これからは違います。まだ全貌は不明ですが、このBixbyも他のAIアシスタントと同じように話しかけることができますし、使えば使うほどユーザーの好みを理解してくれるはずです。

Samsungの当初の発表によると、Bixbyは自然言語の理解においてApple(アップル)の「Siri」よりも優れると伝えていました。また他のアプリとの連携にも優れており、たとえばBixbyからGoogleマップへと目的地の変更を指示できるそうです。さらに今年9月14日までは、Bixbyを使うことでポイント(Experience Points:XP)を貯め、Samsung製品やギフトカードに交換できる、なんてキャンペーンも行なっています。

まぁ、どれもコレも日本には関係ない話なんですけどね…。すぐ日本語の対応にも着手してくれることを祈って、今は英語モードで発音の練習にでも使ってみますか。

Samsung「Galaxy Note 8」の発表は9月下旬? ベゼルレスディスプレイは? 指紋センサーの位置は?

Image: Samsung
Source: Samsung, YouTube

Alejandro Alba - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by