五輪の裏に存在するもう一つの東京の物語。「GHOST GUIDES TO TOKYO 2020」
Image: Ghost Guides to Tokyo 2020

五輪の裏に存在するもう一つの東京の物語。「GHOST GUIDES TO TOKYO 2020」

東京に潜むゴーストを探す。

2020年東京五輪が開催されるにあたり、新たに建設されるスタジアムや開発が進む地域に注目が集まりますが、このきらびやかな祭典が東京という大都市にもたらす影響はこれらばかりではありません。私たちの意識しないところで生まれ、そして消え行くゴーストとも言うべき存在が東京にはあるのです。

そんなことを気づかせてくれるが、展示会を明日に迎える、カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校と早稲田大学の学生によって行なわれている都市研究プロジェクト「GHOST GUIDES TO TOKYO 2020」。展示会では、2020年に向けて変化していく東京の9つの場所を取り上げたパンフレットが提供され、来場者はそれらを通して晴れ舞台の裏に潜むもう一つの東京を知ることができます。今回は、プロジェクトの中から3つ紹介します。

代々木 / 消えゆくホームレスコミュニティ

172024_ghost_guide_04.jpg
Image: Ghost Guides to Tokyo 2020

シドニー、北京、ロンドン、そしてリオ。五輪が開催されるにあたり、景観上の問題や新たな開発により、ホームレスの人々が追い出されるといったことがありました。東京においても同様の問題が起こりつつあります。隅田川沿いや上野公園、宮下公園、代々木公園などの地域にあるホームレスのコミュニティは、五輪競技が行なわれるすぐそばにあり、一部地域ではすでに立ち退きが始まっている。研究プロジェクトでは、そんな危機的状況にある彼らにインタビューを行ない、コミュニティ内での生活状況を明らかにしています。そして、ネガティブに捉えられがちな彼らの生活から、私たちが何を学ぶことができるのかを示しています。

築地 / 失われるアジアのオルタナティブ

172024_ghost_guide_05.jpg
Image: Ghost Guides to Tokyo 2020

築地市場を少し上空から見ると、扇状に建物が並んでいるのが確認できます。実はこれ、築地市場が開設された当初は食料品が船と貨物列車によって運ばれていたため、線路の形に沿って作られていたからなんだそうです。交通インフラが整備されトラックに置き換わった今でも、その特徴的な形を残しています。また、築地市場の中に目を向けると、狭い空間の中でそれぞれのお店が個性あふれる店先の使い方をしており、看板の代わりになっていることに気付かされます。プロジェクトでは、築地市場における交通インフラの移り変わりを調査し、いかにして現在の築地市場が形作られたのか示しています。特徴的な築地市場の形は、さらに表情豊かな内部空間の形成に寄与していることを教えてくれます。

両国 / 伝統というゴースト

172024_ghost_guide_03.jpg
Image: Ghost Guides to Tokyo 2020

大相撲の聖地として知られる両国国技館。しかし、相撲自体は五輪スポーツとして認められていないため、五輪期間中は代わりにボクシング会場として使用されます。現在においても両国国技館は相撲やボクシングといったスポーツ以外のイベントの他に、アーティストのライブ会場としても使われ「国技」館としてのアイデンティティが曖昧になりつつあります。そのような状況下において、彼らは両国地域に残された日本のナショナリズムを伝えうる建物や、場所を見つけ出しそれらをマップにまとめています。

172024_ghost_guide_02.jpg
Image: Ghost Guides to Tokyo 2020

上記の地域以外にも、お台場や夢の島など五輪の会場となっている地域のほか、皇居や武蔵小山といった、一見五輪とは関わりのない地域にも焦点を当て東京の可能性を語る「GHOST GUIDES TO TOKYO 2020」プロジェクト。展示会は明日7/25(火)、午後12時から20時まで港区SHIBAURA HOUSEにて開催されます。また、17時30分からはシンポジウムも開かれます。五輪によって東京がどのように変化するのかを知る機会になるのではないでしょうか。

Image: 早稲田大学建築学科小林恵吾研究室, Ghost Guides to Tokyo 2020

Source: 早稲田大学建築学科小林恵吾研究室, Ghost Guides to Tokyo 2020

(kazoomii)

あわせて読みたい

powered by