ミツバチの脳が未来のカメラに影響を与えるかも?
Image: satephoto / Shutterstock.com

ミツバチの脳が未来のカメラに影響を与えるかも?

ミツバチの小さな脳が、私たちが使うカメラにそのサイズ以上の影響を与えるかもしれません。

とある研究家のグループが、ミツバチの色の識別に関して、National Academy of Sciences(PNAS)誌に面白い報告をあげています。彼らによると、今まで考えられていたミツバチの色の識別方法はちょっと違うらしいです。そして、この研究結果が将来的に私たちが使うカメラの色彩表現に影響を与えるだろう、と考えているそう。

ミツバチは、どんなにまわりの光が変化しようとも、知っている花の色は認識できるという能力を持っています。なぜミツバチは、このようなことができるのか。これまでは、人間と同じように色彩適応の能力を持っているからだと考えられていました。この考え方は、Von Kriesの色順応変換式と呼ばれ、現在のカメラ技術にも応用されています。

しかし、この新しい研究で述べられているのは、全く別の方法。

ミツバチは、メインとなる2つの複合眼で花の色を認識します。これに加えて、ミツバチはさらに、頭のてっぺんに上空を向いた3つの単眼を持っているんだとか。この単眼はそれぞれ2つずつ色の受容体を持っていて、この受容体がまわりの光を感知していると、この研究では述べられているんです。まさか、ミツバチは5つも眼を持っているなんて、知らなかった…!

認識するものがそれぞれ違う、2つの複合眼3つの単眼。これらによって形成された2つの視覚経路が、脳の高次な部分につながっているのではないかと、科学者たちは考えているんだそう。この仮説とミツバチの行動とを比べても、この推論は正しいだろうと判断しているそうです。

これまでも、カメラなどの技術に応用されている、ミツバチの色に関する能力。この研究結果が進めば、将来的にはさまざまな画像システムに応用されることが期待できそうですね。

Image: satephoto / Shutterstock.com

Rhett Jones - Gizmodo US[原文
(小松亜矢子)

あわせて読みたい

powered by