Microsoftが「ミックスドリアリティ(MR)」の世界をアニメで紹介
Screenshot: ギズモード・ジャパン

Microsoftが「ミックスドリアリティ(MR)」の世界をアニメで紹介

現実と仮想が融合する世界。

VRだーARだーと日常的に耳にする今日この頃。ポケモンGOや、あちこちで行われるイベントのおかげで、なんとなーくその世界がわかってきました。ただ、その多くは、まだゲーム体験に近く、日常生活がどう変わるのかを想像しろと言われても、ピンときません。Microsoft(マイクロソフト)がYouTubeで公開しているのは、ミックスドリアリティ(Mixed Reality)=複合現実な生活。リアルと仮想世界が混ざり合った世界。ARもVRもMRの一部です。

一見、コンピューターの歴史を紹介するアニメに見えますが、進めていくと…。

アニメは、1967年からスタートし、1977年、1987年、1997年、2007年、2017年と進みます。コードをタイプする時代、カーソルでクリックするというアイディアが生まれた時代を経て、スマートフォンの時代へ。動画1:00頃で、ヘッドセットをつける仕草が見られます。なるほど、これはある人の視点から見た映像なのですね。

目の前に出てくるメニュー画面、ビデオコール、メール、天気予報。通話の相手は、中国出張中の夫のようです。あら、そしてふと気がつけば、今までそこにいると思っていた犬も、コンピューター歴史動画もミックスドリアリティのコンテンツのようです。

その名の通りのミックスな世界。いまはまだ、ちょっと頭がこんがらがっちゃう。

Image: YouTube

Source: YouTube

(そうこ)

あわせて読みたい

powered by