NASAの新しい宇宙服のための宇宙用ブーツ、リーボック社が開発
Image: Reebok News Stream

NASAの新しい宇宙服のための宇宙用ブーツ、リーボック社が開発

スニーカーのような、ブーツのような…。

今年の初め、NASAはボーイング・スターライナー用に新しい宇宙服のデザインを発表しました。今回、その宇宙服にマッチする宇宙用ブーツReebok(リーボック)社から発表されました。

スタンリー・キューブリック監督の『2001年宇宙の旅』に出てくるようなレトロモダンな宇宙服は、DCC(デビッドクラーク社)がデザインしたもの。同社はこれまでにも気密服やヘルメットなど宇宙飛行士のためのギアを製作してきたその道のベテランです。リーボック社はDCCと協力して、スタイリッシュで実用的なブーツを開発したのです。

Floatride Space Boot SB-01」と命名されたブーツは、不格好な旧モデルからの改良を経て軽量なデザインになっています。米Gizmodoによればこのデザインは、コンバースのチャックテイラーXXハイスニーカーとリーボック社のリプリーモデル「Alien Stompers」が合わさったようなんだとか。

Digital Trendsによると、ボーイング社のスターライナーで国際宇宙ステーション(ISS)へと向かう来年のフライトのために、宇宙飛行士たちはすでにこのブーツをテストしているようです。

NASAの新しい宇宙服のための宇宙用ブーツ、リーボック社が開発
Image: Reebok News Steram

リーボック社イノベーション部門のDan Hobson部長はブーツの機能面について、「スペースブーツではゴム製のトラクション、フロートライドフォーム、そしてその上に乗る安定フォームはフロートライドランと全く同じなので、足の部分の感覚はとても似ています」、さらに「耐火性のために Nomex製のシェルを、内側はある程度ストレッチする特殊なメッシュを使っていて、宇宙服が膨らんだときにはロックアウトするのでブーツは常に心地よくフィットする」とDigital Trendsに語っていました。

一新されてシュッとなったこのデザインが、これからの宇宙用ブーツのスタンダードになる…のかもしれません。

NASAの新しい宇宙服のデザインが『2001年宇宙の旅』

エイリアンの日に発売されたReebokシューズ、サイズでファンがっかりムード

Image: Reebok News Stream

Source: Digital Trends

Reference: David Clark Company(12), Reebok News Stream, Shi, Digital Trends, Reebok Japan, Nomex,YouTube, NASA

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文

(たもり)

あわせて読みたい

powered by