ニンテンドースイッチ用、最強のポータブルコントローラー(現時点では)
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US

ニンテンドースイッチ用、最強のポータブルコントローラー(現時点では)

コントロラー難民の皆さん、注目かも?

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)用Proコントローラー、十字キーが若干入力しづらいといった声も聞こえてきますが、概ね操作感への評価は高め。長時間楽しんだり、繊細なアクションを求められたりするゲームなどは、Proコントローラーがあると大きなアドバンテージを得られます。そして、今後『スプラトゥーン 2』の発売も控えていますし、Proコントローラー需要はますます高まっていくことでしょう。

ただし、高いんですよね、6,980円

ゲーム1本買えてしまうお値段ですギリギリギリ……。

しかし、米ギズのAndrew記者いわく、現時点での完璧なポータブルコントローラーは8Bitdo社の「NES30 Pro」コントローラーであるとのこと。

170703swk04.jpg
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US

このコントローラー、NES(米国でのファミコンの製品名「Nintendo Entertainment System」)コントローラーをモチーフにしたBluetoothコントローラー。任天堂ライセンスを取得しているわけではないようですが、ファームウェアバージョンアップによって不思議とニンテンドースイッチに対応。しかもBluetoothで、といったウルテクを披露しています。

ペアリングするには、ニンテンドースイッチ純製コントローラーほどシンプルじゃありませんが、複雑か?と言ったらそうでもない手順でペアリングできます。

170703swk02.jpg
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US

大きさ的にはニンテンドースイッチのProコントローラーと、Joy-Conとの中間

でもProコントローラーで利用されるすべてのボタンが備わっていて、ホームメニューを開いたりスクリーンショットを撮影したりも可能。唯一欠けているものがあるとしたら、モーションコントロールがありません。『ゼルダの伝説ブレス・オブ・ザ・ワイルド』で弓矢の照準合わせが苦しくなります。

170703swk03.jpg
Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US

また、あえて不満を述べるとするならば、「NES30 Pro」のボタン配置。コントローラーを小さく持つために、若干窮屈になったレイアウトに身体を慣らせる必要があります。特にトリガー類のギュッと詰め込まれたレイアウトには注意です。

ただ、デメリットはそのくらいで、ボタンやジョイスティックの操作感は本当に満足できる仕上がり。「まるで任天堂が作ったかのような錯覚すら覚えます。これは自分が与えられる最大の賛辞です」とアンドリュー記者は述べています(ぞっこんですね)。

そしてこのボタンレイアウト問題は「NES30 Pro」のコンパクトさとトレードオフです。操作の快適さを求めるのであればProコントローラーと比べちゃだめですが、このサイズならニンテンドースイッチ本体と一緒に持ち歩くのも苦ではありません。これは、あまりにも小さなJoy-Conに代わって、任天堂が私たちに与えてくれた新しいゲーム体験を再現することができるでしょう。

加えて、「NES30 Pro」は他の機器ともペアリングできて、Proコントローラーと比べておよそ2/3の値段で購入できるのです。

・「NES30 Pro」のボタンレイアウトはProコントローラーやJoy-Conとは若干異なるので、慣れは必要。
・コンパクトなので手が大きいゲーマーはProコントローラーだ!
・ブレス・オブ・ザ・ワイルドのモーションコントロールは利用できない(amiiboの読み込みもできません)。
・ジョイスティックは、任天堂のProコントローラーのジョイスティックよりも移動量が少なくて少し過敏。
・「NES30 Pro」は、Android、OS X、Windows、Bluetoothコントローラーをサポートするほとんどのデバイスに対応している。
それでいてProコントローラーと比べたら若干安い(日本だと4,980円)

* * *

うーむ、Proコントローラーをいつか買わねばと思っていたのですが、コレを読んでしまったため「NES30 Pro」でもいいかなぁ〜? と思ってきました、Bluetoothで繋がるみたいですし。

170703swk05.jpg
Image: 8Bitdo / Amazon

Amazonの商品ページでも大々的にニンテンドースイッチ対応をうたっていますね。ただ、ライセンス商品じゃないから、いつかいきなり使えなくなるなんてことが有り得そうなんですよねぇ。むむむむ……。

そして、ここからはまた別の選択肢となりますが、実は任天堂のホームページに記載されている通り、先日ニンテンドースイッチ本体のアップデートによってサードパーティ製の任天堂ライセンスコントローラーを利用できるようにもなっているんですよね。

他社製のコントローラー(任天堂ライセンス商品)に対応しました。

Nintendo SwitchドックのUSB端子に接続することで使用できます。

今後HORIがライセンス取得済みのゲームパッドやアーケードコントローラーをリリース予定です。また、すでにHORIから発売されている任天堂ライセンス商品である「ポッ拳 専用コントローラー for Wii U」にも対応しているようですよ。モーションコントロール機能は無く、USBでの有線接続ですけどね。

170703swk01a.jpg
Image: HORI / Amazon

ニンテンドースイッチ、発売から3カ月。選択肢の乏しかった操作系問題も解決に向かっています。

欲しすぎる! バッテリー内蔵のジョイコングリップ「Power Plate」
プレイ中でも充電OK。ニンテンドースイッチにベストな「置ける」モバイルバッテリー

Image: Andrew Liszewski / Gizmodo US, Amazon 1, 2
Source: 任天堂, Amazon 1, 2, HORI

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by