スター・ウォーズグッズの頂を越えた! 細部までダークサイドに染まったスペシャルなシェーバー
Photo: 和田裕也

スター・ウォーズグッズの頂を越えた! 細部までダークサイドに染まったスペシャルなシェーバー

  • Sponsored

洗面所でも、フォースとともにあらんことを。

先日、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の特別映像がサプライズ発表されましたね。公開を待つファンの熱気も日に日に高まっていることでしょう。 新旧問わず魅力あふれるキャラクターも見どころのひとつですし、あたらしいキャラグッズもたのしみ……ですよね?

いえね、正直に言って「もう食傷気味だよ」って方も多いのではないかと思うんです。ただ、「カイロ・レン」「キャプテン・ファズマ」「ストームトルーパー」をモチーフに、限定数量で7月7日より発売開始されたフィリップスのスター・ウォーズスペシャルデザインのシェーバーは、そう簡単には割り切れそうになく。

ディズニーオフィシャルのスペシャルモデルとしては珍しく、キャラクターの中に別ブランドのロゴが入ったんですよ!(ストームトルーパーモデルを除く)

170731_philips_starwars_2.jpg
Image: PHILIPS

左が「カイロ・レン」モデルで、右が「キャプテン・ファズマ」モデル。さりげないのに、ファンならわかるさじ加減もいい感じです。

170731_philips_starwars_3.jpg
Photo: 和田裕也

果たして、スター・ウォーズマニアはどう捉えるのか。ということで、さまざまなメディアが行うスター・ウォーズ特集の常連であり、ギズモード10周年記念企画「歴代編集長座談会」ではMCを務めていただいたこともある、デザイナーのハイロックさんに感想を聞いてみました。

剃り味もスピードも銀河級!

170731_philips_starwars_4.jpg
Image: PHILIPS

まずは、「カイロ・レン」モデルから見ていきましょう。

象徴的なクロスのライトセーバーをモチーフにダークサイドを表す“赤”色LEDで電池残量を表示する、シリーズ最上位機種。電源ボタン下のスイッチを押すことで回転数がパワーアップする「ターボプラスモード」など、カイロ・レンの強さを彷彿とさせる演出が随所に施されています。

170731_philips_starwars_5.jpg
Image: PHILIPS

「強力なフォースの使い手である「カイロ・レン」モデルだけターボプラスモードがついていたりと、製品へのキャラの落とし込み方が100点満点ですよね。キャラグッズって大人になったら使いづらいんだけど、これはスター・ウォーズ感も絶妙だし、シンプルにかっこよくて使うひともいるんじゃないかな」

170731_philips_starwars_6.jpg
Image: PHILIPS

このモデルのみ、充電・洗浄・潤滑化を全自動で行ってくれるダブルフィルター構造の洗浄充電器「スマートクリーンシステム」を標準装備。ほかにも、着脱式洗顔ブラシ、キワの仕上げに便利なトリマーと付属品も豊富です。ちなみに洗浄器はアルコールフリーで、敏感肌の方も安心。

170731_philips_starwars_7.jpg
Image: PHILIPS

より切れ味抜群のマルチプレシジョン刃を使用しているのも、カイロ・レンをモチーフとした最上位機種ならではの特徴。5方向フレックスヘッドとのコンビネーションで根元からヒゲを引き上げ、すばやい深剃りを体感できます。ほかの2機種には洗浄充電器は付属しませんが、全モデル防水仕様で自動研磨機能付き。メンテナンスも楽ちんで、刃の耐久期間は約2年とかなり経済的です。

普段は往復式シェーバーを使用しているとのことで、回転式は初体験だったというハイロックさん。実は、電気シェーバー自体を使い始めたのも最近だとか。

170731_philips_starwars_8.jpg
Photo: 和田裕也

「大人になることへの抵抗感じゃないけど、お父さんが使っていたから、なんとなくオヤジ臭いと思っていて(笑)。でも、使い始めたら便利で、このジャンルが存在する理由を実感しました。

今回のモデルも数日間使ってみたんですけど、ヘッドも慣れてくると気持ちがいいですね。往復式シェーバーはあご下などの細かいところが剃りづらかったんですけど、これは際の部分も剃りやすかったです」

日本ではおなじみの往復式は上下にしか刃が動きませんが、フィリップスの代名詞とも言える5方向フレックスヘッドは、密着することで肌への負担を減らしながらも、きっちりと深剃り。顔の周りを自由自在に動く様は、さながらポー・ダメロンが操るXウィング・スターファイターのよう。

ちなみに、回転式は猫の手のようにクルクルと動かすのがうまく剃るコツのようです。

キャプテンとしての存在感

170731_philips_starwars_9.jpg
Image: PHILIPS
170731_philips_starwars_10.jpg
Photo: 和田裕也

中位機種に位置付けられる「キャプテン・ファズマ」モデル。

付属品や刃の種類など最上位機種との違いはあれども、そこはストームトルーパーを指揮する立場。5方向フレックスヘッドと着脱式洗顔ブラシをしっかり装備しています。

ヘッド部分を毛穴より細く繊細な毛先をもつ着脱式洗顔ブラシに付け替えれば、ひげそり後のフェイシャルケアまでワンストップ。敏感肌用などブラシの交換も可能です。

「このモデルもしっかりキャラの特徴を掴んでるけど、キャプテン・ファズマのアーマーはプラチナムな質感だから、Philipsの周年記念モデルでホワイトゴールドの豪華版とか出たら面白いですよね」

一般兵の矜持を胸に

170731_philips_starwars_11.jpg
Image: PHILIPS

シリーズラストは、「ストームトルーパー」モデル。

こちらは、現行の商品群にはないデュアルヘッド仕様となっています。性能的にも控えめでスペシャルな付属品などはなく、ごくごくシンプルな印象。一般兵のストームトルーパーを思わせる仕様ですが、中身は世界シェア No.1(※)を誇るフィリップスのシェーバーですので、電気シェーバー未体験ならエントリーモデルによさそうですし、プレゼントなどでも喜ばれるのではないでしょうか。

170731_philips_starwars_12.jpg
Photo: 和田裕也

「これもね、単純に一般兵だから安いエントリーモデルというだけじゃなく、ほかの2機種がボタン式のところをスライド式にすることで、ちゃんと差別化してる。ディズニーのオフィシャルだけあって、製品のグレードと登場人物のパワーゲージ的な設定に忠実。そこがニクイんですよね。

もっとすごいのが、このモデルだけ上位2機種とヘッドの接続部のデザインが違うんです。ストームトルーパーの首の部分をイメージしてるのかな。狙っているんだとしたらカンペキですよ」

デザイナーをうならせたデザイン性

170731_philips_starwars_13.jpg
Photo: 和田裕也

グラフィックはもちろん、最近ではプロダクトデザインも手がけるため、「ぼくはちょっとうるさいファンなんです」と、自身の厳しい審美眼について語りつつも、今回のスペシャルモデルには大満足の様子。

「どうしても、スター・ウォーズっていう素材を製品に上手く落とし込んでいるのかを見てしまうんです。最初にスペシャルモデルが出るって聞いたときは、同じ金型で色だけを変えたり、キャラの顔だけをプリントしたりしたチープなモノを連想していたんですが、実際に手にとってみたらパーツや性能にキャラの特徴をしっかりと落とし込んだデザインに驚きました」

170731_philips_starwars_14.jpg
Photo: 和田裕也

「シェーバーはほかの日用品に比べて、ひと目につかない場所に置くモノだけど、そこはモノへのこだわりで自分自身が気持ちよくなきゃ毎日は使えない。とくにシェーバーは、仕事に出かけるときや寝る前といった生活のスイッチ的に使うものですよね。大好きなスター・ウォーズのガジェットで1日が始まるっていうのはいいなって思います」

170731_philips_starwars_15.jpg
Photo: 和田裕也

ちなみに、特別映像と同時解禁となったティザーポスターでは、レイ、ルーク・スカイウォーカー、カイロ・レン、レイア、フィン、ポー・ダメロンの6キャラクター全員が暗黒面(ダークサイド)の象徴である“赤”の衣装を身に纏っていました。

ハイロックさんも「なんで、このスペシャルモデルにはジェダイ側のキャラクターがないんだろうね」と言っていましたが、ディズニーとのオフィシャルの取り組みだけに、スペシャルモデルをつかって全員がダークサイドに堕ちることを示唆しているのか……!

いや、そんなはずないんですけど、あらぬ詮索をしたくなるのもスター・ウォーズの魅力ですよね。なにはともあれ、ヒゲを剃って新作の公開を待ちましょう。

Photo: 和田裕也

Source: Philips

※ユーロモニター・インターナショナル調べ;2006-2015年小売数量ベース:同社のボディーシェーバー製品カテゴリー定義に拠る

(D.O.B)

あわせて読みたい

powered by