REDからホログラフィックスマホ「Hydrogen One」登場へ…ってマジ?
Image: RED

REDからホログラフィックスマホ「Hydrogen One」登場へ…ってマジ?

ホログラム…完成していたの…?

ハリウッドなど業界向けのプロフェッショナル・ビデオカメラを製造しているREDから、「ホログラフィック・メディア・マシーン」を謳うAndroidスマートフォン「Hydrogen One」が発表されました。すでに予約を開始しているこのスマートフォンでは、3Dコンテンツを裸眼で楽しめるそうなのですが、その実力やいかに…?

まだ詳細は明かされていないHydrogen Oneですが、REDによれば複数バンドに対応するSIMロックフリー端末になるとのこと。ディスプレイサイズは5.7インチで、2Dや3D、そして「ホログラフィック・RED・4ビュー・コンテンツ」が表示可能です。現時点ではその詳細は不明。販売価格は本体素材がアルミバージョンが1,195ドル(約14万円)で、チタンバージョンが1,595ドル(約18万円)となっています。

さらにHydrogen Oneは、OSに「H3O algorithm」機能を搭載。これはステレオサウンドを「拡張多次元オーディオ」に変換し、ステレオヘッドホンでも5.1チャンネルサラウンドを再現できるんだとか…。また背面の大きなカメラの出っ張りは同端末の撮影能力の高さを予感させます。さらにREDのカメラ「Scarlet」「EPIC」「Weapon」の外付けモニターとして利用したり、外付けモジュールを装着して専門的な撮影ツールとしても利用できるようです。

現在Apple(アップル)は「ARKit」としてARを、またGoogle(グーグル)も「Tango」をスマートフォンで活用しようとしています。そんな中、REDのホログラフィックスマホというアプローチはなかなか興味深いですね。映像分野では確かな技術がある同社のこと、完成品のクオリティを楽しみにしましょう。

Image: RED
Source: RED

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by