ゲームボーイの「ポケットカメラ」で撮影した月と木星
Image: Alex Pietrow

ゲームボーイの「ポケットカメラ」で撮影した月と木星

ハッブルの逆を行く…?!

昔懐かしのゲームボーイ用アクセサリー、任天堂「ポケットカメラ」。128×112ピクセルで2ビットの白黒画像という画質の粗さゆえに、よく見ないと被写体が何だかわからないなんてこともありました。

でも、コントラストをはっきりさせれば昔ながらのモノクロ写真のような良いショットが撮ることだってできます。そこに気づいた天文学の学生Alex Pietrowさんは、179年前の望遠鏡の先端にゲームボーイのポケットカメラをつけて月を撮影することに。

ゲームボーイ「ポケットカメラ」で撮影した、月と木星2
Image: Alex Pietrow
月の画像

米Gizmodoに「特に古いテクノロジーで遊ぶのが好きなんです」とメールで教えてくれたPietrowさん。ツアーガイドとして勤務するライデン天文台に入る機会がごまんとあった彼いわく「こういったおかしなことにアンティークの望遠鏡を使えるのも特権の1つ」とのこと。

冗談ではなくそれを有言実行しちゃったPietrowさんは、ポケットカメラの画像をPCに保存する方法を見つけて(Pietrowさんによれば、それ自体が試練だったそう)から、ゲームボーイアドバンスSPとポケットカメラ、天体写真家のためのスマホ用マウント、そして1838年製の6インチのフラウンホーファー望遠鏡を装着したカメラリグを組み立てました。

「ちゃんとしたカメラでなら何度も天体写真を撮ったことがあるので、何ができるかという大まかなアイデアはあったけど、このカメラの2ビットという特徴が素晴らしい挑戦となったんです」

そう語るPietrowさんですが、準備を整えいざ撮影しようとリグをセットアップした後はただひたすら待つはめに。「最大の問題は、オランダ特有の問題で雲一つない夜を待つことでした」とブログにつづっています。月が被写体となった上の画像を撮るまでに、数週間も辛抱強く待ち続けたそうな。

月を撮った後は、天体写真において人気のあるもう一つの被写体、木星を撮影することに。門外漢にとって木星は、裸眼だと星空の中からは見分けがつかない大きな光の球も同然です。

ゲームボーイ「ポケットカメラ」で撮影した、月と木星3
Image: Alex Pietrow
この大きな球が木星。他の点よりも明るい3つの小さな点は木星の衛星です

だからこそPietrowさんは、この画像が撮影できて誇らしかったとか。

「木星と3つの衛星を捉えるのにぴったりなコントラストを得ることができました。木星は衛星たちよりも600倍も明るいんですから、2ビットカメラとしては素晴らしいですよね」

捉えられた衛星は特に目立つ3つでした。

上の木星の画像はオリジナルの9倍に引き伸ばされたもの。元々ゲームボーイから出てきたのは、こんなものになります。

ゲームボーイ「ポケットカメラ」で撮影した、月と木星4
Image: Alex Pietrow

Pietrowさんは今後も2ビットの天体写真を撮り続ける予定で、太陽物理学の博士課程を勉強するため9月にストックホルムに向かう前に、ライデン天文台で何晩か粘るつもりなんだとか。「天気が許すなら、土星や太陽の黒点を撮れるか試してみたい」と語っています。

たびたび取り上げているハッブル宇宙望遠鏡からの高画質な画像とはまた違った趣ですね。

ゲームボーイのポケットカメラという懐かしいアイテムで撮影したニューヨーク

Image: Alex Pietrow
Source: Universiteit Leiden

Alex Cranz - Gizmodo US[原文
(たもり)

あわせて読みたい

powered by