米ディズニーランドに建設中の『スター・ウォーズ』テーマランドの全貌が明らかに
Image: YouTube

米ディズニーランドに建設中の『スター・ウォーズ』テーマランドの全貌が明らかに

アメリカ・カリフォルニアのDisneylandと、フロリダのDisney Hollywood Studiosに建造中の「スター・ウォーズ」テーマランド。このテーマランドの正式名称と、全貌がわかる動画が公開されました。名称は「Star Wars: Galaxy's Edge」! その銀河の縁にあるのは…。

Video: Disney Parks/YouTube

動画はDisney Parksより。

広大な敷地内には、等身大のAウィングや、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場したXウィング「T-85」、ファースト・オーダーTIEファイターこと「TIE/fo」、そしてもちろんミレニアム・ファルコンも! 中には入れるのか気になりますね。

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でR2-D2の替わりに買われそうになりながらもぶっ壊れたR5-D4、黒とオレンジの帝国軍のR2ユニットR2-Q5らしき姿、ゴンクドロイドも散見できます。また、ミレニアム・ファルコンの前にはバウンティーハンター・ドロイドのIG-88が居るようですし、動画にはBB-8も登場しています。建設中と噂のAT-ATの姿は、ぱっと見見当たりませんが。

なお昨年には、このパークのローンチ・ベイで働くドロイド「Jake」の動画も公開されているほか、ディズニーはライトセーバーバトルが体験できる技術の特許申請も行なっており、これもアトラクションの一部ではないかという憶測もあります。

このランドがオープンするのは2019年とまだ少し先ですが、一体どんなアドベンチャーが体験できるようになるのか、今から楽しみですね。

Image: YouTube
Source: YouTube

(abcxyz)

あわせて読みたい

powered by