ヤマハからリコーダー×サックスのようなリード楽器「Venova」が発売。管楽器をもっとカジュアルに
Image: © Yamaha Corporation. via ヤマハ株式会社

ヤマハからリコーダー×サックスのようなリード楽器「Venova」が発売。管楽器をもっとカジュアルに

管楽器って、まだ進化できるんだ!

リコーダーのような簡単な指づかいで、サックスのような表情豊かでパワフルな演奏ができたならば。そんな奏者のイイトコドリ妄想が実現しました。YAMAHA(ヤマハ)からまったく新しい管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」が発売です。

VenovaはABS樹脂製のアコースティック楽器、つまり電気を使わない純粋な気鳴楽器で、クラリネットやサックスと同じくリード(空気を吹き付けることで振動させて音を出すパーツ)を使って演奏します。となると演奏難易度も本格的っぽい感じしますが、その指づかいはリコーダーのように極めてシンプル化されており、初心者でも簡単に始められるのが特徴です。

その出音を、いくつかの動画で見て聞いてみましょう。

Video: yamahajp/YouTube

Video: yamahajp/YouTube

Video: sound1com/YouTube

これ、『ラプソディ・イン・ブルー』のイントロのクラリネットのようなしゃくり上げ(ベンド奏法)ができるのすごくないですか!? これができるかどうかで「っぽさ」が全然違ってきますし、音だけ聞くとソプラノサックスと間違えかねません。リコーダーの手軽さなら色んな曲も演奏できそうですね。

本格さと手軽さを両立させるために、Venovaは独自の分岐管構造蛇行形状デザインを採用しました。一見リコーダーのようなまっすぐな形状に見えるVenovaなんですが、実はところどころウネっとしているんです。これによってリコーダーのような円筒管楽器の特徴と、サックスやオーボエのような円錐管楽器の音響特性を得ることが可能になりました。

170711ktvenova02.jpg
Image: ヤマハ株式会社

170711ktvenova03.jpg
Image: ヤマハ株式会社

さらにすごいのは、ABS樹脂製なのでまるまる水洗いができるということ。サックスの水洗いなんて考えただけでゾっとする人もいるかと思いますが、Venovaなら許されます。砂の飛び交う公園や塩水飛び散る海辺であっても、気兼ねなく演奏できるのです。しかもリードの口当たりで。良いとこずくめ!

Venovaの仕様は音域2オクターブのCキーで、本体はわずか180g。リードはVenova専用の樹脂製リードを用いますが、普通のリードだと使えないんでしょうか? サイズの問題? 気になるなる。

発売日は2017年8月30日(水)、価格はオープンプライス。ウィンドシンセサイザーとは違う、完全なアコースティック楽器がまだアップデートされることに感動してしまいました。おそるべし、ヤマハの探求精神。

Image: © Yamaha Corporation. via ヤマハ株式会社
Source: ヤマハ株式会社, YouTube(123

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by