バージニア衝突後のオバマのツイートがいいね史上最高記録更新。一方トランプは…
Screenshot: ギズモード・ジャパン/Twitter

バージニア衝突後のオバマのツイートがいいね史上最高記録更新。一方トランプは…

いいね400万回突破。全米が悲しみに暮れる中、オバマ前大統領のこのツイートが一条の光を照らしています。

バージニア大に松明を掲げてネオナチ、KKK、オルタナ右翼の白人至上主義者が金曜夜集結し、それを阻もうとする学生や市民とシャーロッツ市街で土曜対立した件では、ネオナチの車が抗議の市民に突っ込んで弁護士助手の女性(32)が死亡、35人が重軽傷を負い、警備に向かった州兵ヘリが墜落し警官2人が死亡する惨事となりました。

「ネオナチの車が突っ込んだ」とニュースが流れたとき、加害者の高校時代の歴史の先生は真っ先に「あの子だ」と思ったのだといいます。ジェイムズ・フィールド容疑者(20)は頭のいい子ではあったのですが、ナチスに心酔する論文を書いてきたので一度注意したことがあったらしく、「正しい道を示す機会がありながら、導いてやれなかった」とテレビで話していました。

同容疑者は生まれる前に、酔っ払い運転の車に轢かれて父親を亡くしており、父方の祖父母も拳銃で無理心中を図って他界している薄幸な家系です。軍でも精神的に不安定なためすぐ除隊させられていました。車いすの母親は最初マスコミに事件のことを聞いても、「政治信条のことはよくわからないけど、あの子は白人至上主義ではないわ、黒人の友だちもいるし…今日はトランプの集会に行ってるんでしょ?」という、まったくのみこめていない反応でした。同容疑者は11歳のとき母親にナイフを突きつけて一度補導されてもいます。もともと不安定なところに、あの集会は危険すぎますよね…。

今回の対立の白人至上主義者に密着したVice取材班の映像(以下)を見ると、これはアカンというのがよくわかります。白人至上主義者のバンに飛び乗っての総力密着で、ヘイトという魔物の息づかいまでが伝わってきますよ…。

Video: Vice

この信じられないような光景にみんな暗澹たる思いに沈む中、オバマ前大統領はネルソン・マンデラの自伝『自由への長い道』から次の一節を引用し、こう連続ツイートしました。

人は生まれつき肌の色、生まれ、宗教で人を嫌うのではない… 憎しみは教わるもの。憎しみを学べる人には、愛を教えることもできる… なぜなら愛は、その逆の気持ちより、人の心に自然に湧くものだから。 ──ネルソン・マンデラ

いろんな肌の色の子が窓で肩を寄せ合っている写真も添えられていて、なんだか癒されます。このツイートは土曜午後5時の投稿からわずか5時間でいいね数の歴代最高記録を更新し、今もものすごい勢いで拡散中です。

一方その頃、ドナルド・トランプ現大統領は何をしていたのかといいますと、電車トランプ号がCNN記者に突っ込む画像をRTし、削除していたことが後でわかりました(訂正: 配信されたのは3日後で、ハックされたとホワイトハウスは説明しています)。MSNBCのKyle Griffinプロデューサーが公開した、削除前のスクショが拡散中です。

いやあ…。

ちなみにトランプ大統領は「右翼も悪いけど左翼(市民のこと)も悪い」という「双方に非」発言でクー・クラックス・クラン(KKK)元総司令に大絶賛され、GE、IBM、インテルのトップなど財界の大物が側近を続々と辞めてゆきました…。大統領の政策助言機関「戦略・政策フォーラム」と「製造業評議会」はCEOが辞めすぎて、機関そのものが解散する異常事態となっています。

Screenshot: ギズモード・ジャパン/Twitter

Source: Twitter(1, 2, 3, 4), YouTube

(satomi)

あわせて読みたい

powered by