そうだ、自転車で房総へ。JR東日本が輪行特化型車両「B.B.BASE」導入
Screenshot: 小暮ひさのり/ Jrchiba0209/ YouTube

そうだ、自転車で房総へ。JR東日本が輪行特化型車両「B.B.BASE」導入

電車に自転車乗せて、房総へ。

自転車ファン、サイクリストたちにとってはいつもとは違う土地でのサイクリングもひとつの楽しみ。時には自転車を輪行袋に詰め込んで、電車を利用したちょっと遠くへの自転車旅もしたくなりますよね。

そんな輪行をさらに快適にするための車両が、JR東日本千葉支社が計画した「B.B.BASE」。自転車をそのまま詰め込める自転車の輪行特化型車両です。

170829bbk01.jpg
Screenshot: 小暮ひさのり/ JR東日本

房総エリアではこれまでも209系車両を利用したサイクルトレインを運行していましたが、さらに快適な自転車アクティビティを得られるためにと、大幅リニューアル。ベースとなっているのは、同じく209系の改造車両で6両編成の座席数は99席、サイクルラックも同数確保されています。また、1車両まるごとフリースペースもありますよ。

Video: Jrchiba0209/ YouTube

こちらの車両は房総エリアにて2018年1月から運行予定とのこと。

自転車を輪行袋に詰め込むといってもなかなかに場所を取りますし、輪行時に分解するのもやや面倒。でも、この車両なら自転車をそのままの形でサイクルラックに搭載できるし、スムーズで手軽な移動が実現できそうな予感ですよ。

僕も自転車乗りとして、こういった旅には憧れちゃうんですよねぇ。輪行ってやっぱり難しくて回りにも気を使うイメージがあるから今までできていないのですけど、こういった専用車両なら…!

行っちゃうか?行っちゃいますか? 行っちゃいましょう! 房総!

Image: JR東日本

Source: JR東日本

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by