Beatsから新カラーが加わったヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーのコレクション「Neighborhood Collection」登場!
Image: © 2017 Apple Inc. All rights reserved.

Beatsから新カラーが加わったヘッドフォン、イヤフォン、スピーカーのコレクション「Neighborhood Collection」登場!

新カラーで秋もBeats気分!

Beatsはオンイヤーヘッドフォン「Beats Solo3 Wireless」、イヤフォン「Powerbeats3 Wireless」、ポータブルスピーカー「Beats Pill+」に新カラーを加えたコレクション「Neighborhood Collection(ネイバーフッドコレクション)」を発表しました。製品はApple Online Storeで8月28日から、Apple Storeで9月1日から、Beats正規取扱店で9月29日から発売を開始します。

まず上の画像が、新カラーの「Beats Solo3 Wireless」。新たに追加されたブリックレッド、ターフグリーン、アスファルトグレー、ブレイクブルーのちょっとシックなカラーが、秋にぴったりかも?

もちろんオリジナルモデルと同じく、「W1」チップによるワンステップでのBluetooth接続や、iCloudによるデバイス切り替えが可能。さらに、Androidデバイスとも連携できます。価格は全て2万9800円(税別)です。

イヤフォン「Powerbeats3 Wireless」も4色登場

20170828napple2.jpg
Image: © 2017 Apple Inc. All rights reserved.

イヤフォン「Powerbeats3 Wireless」も、Neighborhood Collectionにあわせて4カラーの新色が登場。こちらも「W1」チップを搭載しています。耐汗・防沫機能に対応し、小さなボディながら最長12時間の音楽再生が可能なのも特徴です。価格は1万9800円(税別)となっています。

スピーカー「Beats Pill+」はアース系の2色

20170828napple3.jpg
Image: © 2017 Apple Inc. All rights reserved.

野外でのキャンプやバーベキューに最適なポータブル・ワイヤレススピーカーの「Beats Pill+」は、アウトドアにあわせてかアース系のターフグリーン、アスファルトグレーの2色が登場。コンパクトな本体で迫力の音質を実現しただけでなく、こちらも12時間のバッテリー寿命を誇ります。また2台のスピーカーを同期させたり、2台の音楽デバイスと1台の「Beats Pill+」を使ってDJプレイすることもできるそう。後者は一体どんな機能なのか、気になりますね。本体価格は1万8800円(税別)です。

Apple、自動運転車はギブアップの方針。自律システム開発に注力するため

Image: © 2017 Apple Inc. All rights reserved.

Source: Apple Japan(1, 2, 3)

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by