「Googleクビになったけど質問ある?」多様性問題のエンジニア、Redditに登場
Image: testing / Shutterstock.com

「Googleクビになったけど質問ある?」多様性問題のエンジニア、Redditに登場

あちこちのメディアに出没中。

Google(グーグル)における多様性実現の取り組みを批判する長文文書を公開して炎上、解雇されたGoogle元社員、James Damore氏。クビにもめげずにあちこちのメディアに登場して持論を繰り返していますが、今週末はRedditの「AMA(Ask Me Anything=何でも聞いて)」に登場し、ユーザーからの質問にリアルタイムで答えまくりました。

味方はたくさんいる

Damore氏は今でも、自分がしたことは正しく、Googleには裏切られたと考えているようです。以下のスレッドでは、彼はGoogle社内に味方がいると言い、彼らは「カミングアウトするのを恐れている」だけだと言っています。

170815_damoreama2.jpg
Screenshot: Gizmodo US/Reddit

ある質問者はDamore氏に「職場で政治的な長文マニフェストを回覧すべきじゃない」という批判にどう答えるかと聞いたんですが、その人はDamore氏を純粋な内部告発者のように捉えている風でした。Damore氏は次のように答えています。

僕は職場環境の条件について議論し、違法である可能性のあるポリシーや行為を指摘するための活動に参加していたんだ。僕にはそれをする法的権利があると思う。

また同じユーザーから、開発者を目指す人へのアドバイスを聞かれて「思想的に偏っていない」会社を探すべきだと語りました。そして、自分について間違った情報を喧伝している「メインストリームのメディア」を批判しました。

170815_damoreama3.jpg
Screenshot: Gizmodo US/Reddit

繰り返される持論

さらに「メディアによる間違った情報」とはどういうことかを聞かれると、たとえば彼の文書が匿名の出典も示さないものだったとか、彼が「反多様性・女性差別主義者」とされていることとか、女性が男性よりエンジニアとしての能力が低いと思っているとされていることとか、を列挙しました。また「僕が女性は神経質だと言ったこと」とか「僕が保守派であること」とかも列挙されたリストに入ってるんですが、文書の中ではたしかに、「平均すると」と言いつつも「女性は神経質」とか、「保守の居場所もほしい」みたいなことも書いてるんですが…。

170815_damoreama4.jpg
Screenshot: Gizmodo US/Reddit

別の質問者は、テック業界に保守派が少ない理由は、女性が少ない理由(とDamore氏が思っている理由)と共通するのかどうかを質問しました。つまり保守派というのは生まれつき何か違うのか、ということです。それに対しDamore氏はこんな風に答えています。

それは文化的違いや、オープンじゃないことや、それから学術界とかテック界から疎外されているという感じの組み合わせである可能性が高いと思う。保守派と革新派が同じ割合であることを期待する必要はないと思うけど、保守派が隠れてなきゃけないような感じにはしちゃいけないよね。

170815_damoreama5.jpg
Screenshot: Gizmodo US/Reddit

彼はまた「ますますエコー・チェンバー化する状況を直視できている人の多くは、僕を支持している」と言い、自分を解雇したGoogleやその支持者は現実が見えていないと言いたげです。

170815_damoreama7.jpg
Screenshot: Gizmodo US/Reddit

Damore氏は自分自身については「多くの人のこれまでの政治的姿勢についてあまり関心がなかったので、そこは弱点だと認めざるをえない」としています。そのために、極右活動家のMike Cernovich氏に自分のプロフィール画像をツイートしてもらってしまったのだそうです(とはいえ、これだけではそもそもどうして彼がGoogleを旧ソ連の強制収容所・グラグにたとえるようなロゴの入ったTシャツで写真を撮ったかの説明にはならないんですが)。

本人は至ってポジティブ…なつもり

たしかにDamore氏の発言を総合すると、政治とか思想に関心があるから多様性に疑問があるというよりは、関心が薄いから多様性が重視される理由も、世の中が自分にここまで注目している理由もわからないという風に見えます。彼の感覚としては、わからないことをわからないと言ったらクビになっちゃった、ということなのかもしれません。

ただ、性差別でもいじめでも、何かした側は「そんなつもりじゃなかった」「そこまで嫌がられてるって思わなかった」って大体言うんですよね。そんな意識の薄さにつっこんだ質問者もいました。「この手の文脈で、生物学的な違いを持ち出すことが思想的爆弾だということにどれだけ気づいていたのか」と聞かれたDamore氏は、こんな風に答えています。

170815_damoreama6.jpg
Image:Screenshot via Reddit
僕としては、思想的エコー・チェンバーとか独裁的左翼思想について話をすることで、僕が受けたような反応をむしろ和らげられると思っていたんだ。(略) 将来的には、あの文書がGoogleにポジティブな影響を与えることを願っているよ。だから後悔するのは難しいんだ。

と、Googleに対する自分の問いかけは純粋なものだったと信じているみたいです。

じつは彼が女性に対する考え方で問題を起こしたのは、これが初めてではありません。彼はハーバード大学在学中、所属していたシステム生物学プログラムの懇親会の余興として寸劇をとりまとめ、脚本や出演など中心的な役割を務めたのですが、その劇は懇親会終了後に教授が他の学生向けに正式な謝罪を出すようなものだったそうです。詳しい中身はわかっていませんが、彼自身が自慰行為の演技をし、その性差別的な表現のために不快になった人がいたようです。このときにもし、性に関する表現は自分が意識できる以上にセンシティブなものだって刷り込まれていたら、今回の一件はなかったのかもしれません。

週末には抗議デモを予定

いろいろと知らないだけのようにも見えるDamore氏ですが、彼は解雇されてすぐに米国労働関係委員会に対しGoogleの対応を不服とする申し立てをしています。彼の主張は米国労働関係法の一部が前提になっているんですが、法律を独自に解釈しているので、それが聞き入れられるかどうかはかなり微妙なところです。そして彼が「科学的根拠がある」としている問題の主張も、事実に対してかなり主観を入れたものです。

米国では8月11日夜に白人至上主義者のデモとその反対デモが衝突し、白人至上主義者が車で暴走、反対デモ側の女性1名と警察官2名を死亡させる事態に発展していて、「右」と「左」の分断がますます深まっています。そんな中で来週末の19日には、オルタナ右翼がDamore氏の解雇に抗議するデモ計画しているとのこと。大事に至らなければいいのですが…。

多様性を否定して解雇されたGoogle元社員「後悔はしていない」

Image: testing / Shutterstock.com

Source: Reddit, New York Magazine

Tom McKay - Gizmodo US[原文

(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by