日本語も使えるよ。「Google Assistant」のiOS版アプリが配信開始です
Image: App Store

日本語も使えるよ。「Google Assistant」のiOS版アプリが配信開始です

Siriとどっちが賢いかな?

今年2017年5月にGoogle(グーグル)が「Google I/O」で発表した、AIアシスタント「Google Assistant」のiOSデバイスへの移植。発表から3ヶ月ほど経った今、とうとう「Google Assistant」のiOS版が各国のApp Storeで配信開始しましたよ。

Google AssistantはAndroid版と同じように、ボイスコマンドでiPhoneにさまざまな指示ができます。たとえば、電話をかけたり、テキストメッセージやメールを送ったり、音楽を再生できます。リマインダーやカレンダーの設定や質問、ナビゲーションといった高度な指示も出せます。日本語での指示もバッチリOK。今すぐ、誰かに話しかけるように使いだせます。

「スマートスピーカー」の機能の中核となるなど、活躍の場を広げている「AIアシスタント」。その中でもGoogle AssistantやAmazon(アマゾン)の「Alexa」は、AndroidスマホだけでなくiPhoneでも使えるなど、その守備範囲の広さが特徴です。一方Apple(アップル)のSiriはiOSデバイスでは広く使えるのですが、Android OSデバイスで使えないのがネック。この辺が改善されてほしいなぁと思ったり…。

年内にはスマートスピーカーの「Google Home」が日本に上陸する予定です。Appleのスマートスピーカー「HomePod」も年内に英語圏で発売されるのですが、日本対応スケジュールの案内はなし。

幅広いプラットフォームで利用できることが強みの「Google Assistant」と、Apple製品のみで使えるSiri。はたしてどちらが勝者となるのか、あるいは共存していくのかはまだまだわかりませんが、今はiPhoneのアプリでも「Ok, Google」ができるのを楽しんでおきましょう。

Image: App Store

Source: App Store

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by