ホームボタン不要。iOS 11の新しい「アプリ切り替え」ジェスチャーが便利そう
Screenshot: ギズモード・ジャパン

ホームボタン不要。iOS 11の新しい「アプリ切り替え」ジェスチャーが便利そう

これはぜひ使っていきたい。

新型iPhoneこと「iPhone 8」では物理ホームボタンがなくなるとの情報が各所から伝わっていますが、そうなると気になるのがアプリの切替方法。ホームボタンをポチポチッとできなくて困らない?と思っていると、それについてiOS 11のベータ版から興味深い動画が発見されましたよ!

今回の動画を発掘したのは、iOS開発者かつリーク情報を次々と見つけているTwitterアカウントのGuilherme Rambo。動画を見ると、アプリ画面で指を画面下から上にスライドすると、アプリの切り替えモードになるんです。現在このジェスチャーは「コントロールセンター」の表示に利用されていますが、動画のようにアプリを切り替えられたほうが便利かもしれません(でもコントロールセンターは何処へ…?)。

実は以前、iOS 11ベータ版で「画面端からのスワイプによるアプリ切り替え機能が消えた」ことが発見されていました。個人的にはあまり使っていなかった機能なのですが、この機能を愛用していた人もいるはず。また、Apple(アップル)のエンジニアが意図的にこの機能を削除したとの情報も伝わっています。

しかし画面下からのスワイプがアプリの切り替えに使われるのだとすれば、この機能の削除も納得できます。おそらく画面端をぐっと押し込んでアプリを切り替えるよりも、画面下からスワイプしてアプリを切り替えるほうが直感的でしょう。また、この方式ならたとえ物理ホームボタンがなくなったとしても問題ありませんね。

これまでも直感的な操作をウリにしてきたiOS。この画面下からスワイプしてのアプリ切り替え機能が正式版に搭載されるのかは不明ですが、個人的にはぜひ使ってみたいですね!

Screenshot: ギズモード・ジャパン

Source: Twitter

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by