iOS 11ベータ6版で「マップ」アプリがデザイン変更。もしやApple新本社近く?

  • author 岡本玄介
iOS 11ベータ6版で「マップ」アプリがデザイン変更。もしやApple新本社近く?
Image: iCulture

単なる憶測なのかもしれませんが。

Apple(アップル)が米カリフォルニア州のクパチーノにて建設を進めてきた新本社「Apple Park(アップル・パーク)」。その完成を記念してなのか、iOS 11ベータ6版で変更される「マップ」アプリのアイコンが、「Apple Park(アップル・パーク)」近くの地形を元にしたデザインになったとThe Vergeが報じています。

その場所は、280号線「ジュニペーロ・セラ・フリーウェイ」と、「ノース・ウルフ・ロード」が交差するインターチェンジ付近。

20180815gizmodo_apple_maps_applepark.jpeg
Image: The Verge

トップ画像で確認できますが、変更前にも280号線のマークが載っているのは変わらず。そして上下に伸びる直線が一般道で、右上にグルっと丸くなっている道がインターチェンジに見えます。ただこのインターチェンジだけが実際の地形とちょっと違うので、ここはデザイナーが簡略化したのかもしれません。もしくは思いっきりディフォルメして「Apple Park(アップル・パーク)」の円形を持ってきたのかも…?

なんとも言えませんが、新本社完成とiPhone 8(仮称)の発表とiOSの更新というタイミング、それにアイコンで描かれたデザインから判断してこの線は濃厚そうに思えます。

iCultureによると、iOS 11ベータ6版ではほかにも「App Store」のアイコンが簡略化され、「時計」のアイコンは文字がやや太くなるそう。どちらもそれほど劇的な変化ではありません。

170815_map3.jpg
Image: iCulture

ちなみにですが、ベータ4では「Safari」のコンパスに微妙な変化もありました。Jordan Kay‏のツイートをどうぞ。

ベータ版はテストみたいなものなので、正式なiOS 11が登場したら変更は取り止めになる可能性もあります。9月にリリースされるというiPhone 8(仮称)に合わせ、残り1カ月ほどでiOS 11は完成するだろうと考えられます。

Image: iCultureThe Verge

Source: The VergeTwitter via iCulture

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by