Apple PencilはいずれiPhoneで使えるように? 新たな特許が登場
Image: Apple/YouTube

Apple PencilはいずれiPhoneで使えるように? 新たな特許が登場


そろそろiPhone向けスタイラス、出てもいい頃かも?

先日発表されたSamsung(サムスン)の新型スマートフォン「Galaxy Note 8」を見て、こう思った人も多いでしょう。「スマホにスタイラス、意外とアリだな…」と。メモ取りなんかに意外と使えそうなんですよね。そう思っていたところ、Apple(アップル)の新たな特許からその夢がiPhoneでも叶うかもしれない話が舞い込んできました。

Patently Appleが発見したAppleによって出願された一連の特許によると、スタイラス操作ができるデバイスの名前として「iPhone」という単語が登場しているのです。9to5Macによれば、同様の特許でiPhoneという単語の登場は初めて。もしかすると、Apple内部でもいよいよ計画が動き出しているのかもしれませんね。


20170830npen
Image: USPTO via Patently Apple


たとえば「スタイラスタッチデバイスでのノイズ訂正(Noise Correction for a Stylus Touch Device)」という特許では、スマートフォンやタブレット端末をスタイラスで操作するとの説明が登場しています。上のイラストはどうやらタブレット端末のようですが、ディスプレイが5.8インチに大きくなると噂のiPhone 8でも、スタイラスによる書き込みができてもいいのではないでしょうか…と、個人的には期待してしまします。

Apple Pencilではこれまでも、Macのトラックパッドでお絵かきをする特許や、タッチ機能によるジェスチャー操作に関する特許が見つかっています。せっかくのかっこいいスタイラスですから、iPad Proでしか使えないのはもったいないですよね。

もちろんこれまでの例に漏れず、Appleが特許を出願したからと言ってそれが製品化に結びつくかどうかは全くの未知数。特許の請求範囲を広げるための施作として、タブレットだけでなくスマートフォンと入れているだけかもしれませんしね。

もし実現するのであれば、個人的にはApple Pencilの長さを半分にした製品が登場してくれると嬉しいですね〜。

Image: Apple/YouTube, USPTO via Patently Apple
Source: USPTO via Patently Apple, 9to5Mac

(塚本直樹)

    あわせて読みたい

    powered by