iPhone 8に新情報。背面と前面の両カメラで4K/60fps動画撮影が可能に?
Image: LevanteMedia/Shutterstock.com

iPhone 8に新情報。背面と前面の両カメラで4K/60fps動画撮影が可能に?

ハイエンドカメラ並の性能。

7月末に公開された「HomePod」のファームウェアの解析により、全貌が明らかになりつつある「iPhone 8」。さらに解析は進められ、なんと4K解像度/60fps(1秒間に60フレーム)動画が背面と前面の両カメラで撮影できる可能性が浮上しています!

この情報を発見したのは、ブラジル語サイトのiHelp BR。コードをよーく見てみると、「...isBack4k60VideoSupported」「...isFront4k60VideoSupported」の文字があります。文字通りにうけとれば、たしかに背面カメラと前面カメラの両方で4K解像度と60fpsでの動画撮影が可能であると考えられます。

背面カメラの4Kビデオ自体は、すでにiPhone 6sから撮影できるようになりました。ただし、そのフレームレートは30fps(1秒間に30フレーム)。4K解像度で60fpsでの録画が可能な撮影機器はプロ向けのものや、パナソニックの一部デジタルカメラなどに限られています。これがスマートフォンで撮影できるようになれば、それはなかなかすごいことなんです!

さらに前面カメラに関しては、iPhone 7ですら1080pでの撮影しかできません。これが4K解像度と60fpsに対応すれば、それはそれでスゴイのですが、ちょっと眉唾な気も…本当でしょうか?

なお、iPhone 8のカメラに関する事前情報としては、背面カメラがiPhone 7 Plusのような横2連ではなく、縦2連のデュアルカメラが搭載されると噂されています。その他にも前面カメラ(あるいはセンサー)では、赤外線による3D顔認証の搭載や、3D顔認証を用いた「Apple Pay」ができるかもしれません。

はたして、iPhone 8にハイエンドカメラ並の動画撮影能力が搭載されるのか…今から気になって仕方ありませんよ!

Image: LevanteMedia/Shutterstock.com

Source: iHelp BR via MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by