「iPhone 8」の内部パーツがあれこれ流出しているよ
Screenshot: 塚本直樹//LEAKS

「iPhone 8」の内部パーツがあれこれ流出しているよ

量産も順調に進んでいるようですね

秋といえば、新型iPhoneの季節。今年も新モデルの「iPhone 8」や「iPhone 7s/7s Plus」の量産が始まったようです。そして量産が始まれば、パーツリークも始まる…というわけで、今回はiPhone 8の内部パーツのリークのご紹介です。

/LEAKSが中国Weiboから入手したこれらの画像に写っているのは、iPhone 8のディスプレイ用ガラスパネルや内部の電源ケーブル、それにLightningコネクタの部品なんだそうです。iPhone 8ではAndroidスマートフォンで採用が進んでいる「USB Type-C」ではなく、これまでどおりのLightning端子を利用するんですね。

20170822niphone8parts2.jpg
Image: /LEAKS

画像のディスプレイ用ガラスパネルは、もうリーク情報でもおなじみとなった上下いっぱいにディスプレイが広がるベゼルレスデザインなもの。フロントスピーカーやカメラ、それにセンサー類を囲うように画面に広がるデザインがなんとも先進的です。またガラスパネル上部の右側にある2つのくぼみは、顔認証などを担当する3Dセンサー用の場所なのでしょうか?

iPhone 8に関しては今回と同じようなディスプレイ関連部品だけでなく、搭載される「A11」プロセッサ、それに無線充電用のモジュールが複数流出(12)しています。特に無線充電に関しては、これを可能にするために新型iPhoneの背面が全てガラスパネルに変更される、なんて情報もありますね。

もちろんこのようにして流出するパーツの中にはフェイク品が混じっていることもあるのですが、Apple(アップル)が例年通りに新型iPhoneを9月に発表するのであれば、もう本物のパーツが流出してもおかしくない時期。今後はぜひ、指紋認証機能「Touch ID」の行く先が判明するパーツの流出を待ちたいですね。

ホームボタン不要。iOS 11の新しい「アプリ切り替え」ジェスチャーが便利そう

Image: /LEAKS

Source: /LEAKS

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by