「iPhone 8」のカラバリはブラック、ホワイト、そして…カッパーゴールド?
Image: Weibo via MyDrivers

「iPhone 8」のカラバリはブラック、ホワイト、そして…カッパーゴールド?

これはいままでなかったパターン。

新型iPhoneの登場で楽しみなのが、新たなカラーバリエーションの追加。たとえばiPhone 7では、ブラックやジェットブラックが登場し、ブラック系カラーのファンを歓喜させました。そして新たな流出画像によると、次期iPhoneことiPhone 8では新色の「カッパーゴールド(銅系の金)」が加わる…かもしれませんよ?

20170808niphone8copper2.jpg
Image: Weibo via MyDrivers

今回MyDriversが紹介している画像は、中国SNSのWeiboに投稿されたものです。1つは現行モデルのジェットブラックに似た「ブラック」、そしてもう1つはiPhone 4やiPhone 5を思わせる「ホワイト」、そしてもう1つは「カッパーゴールド」とでもいいましょうか。濃い目のシャンパンゴールドのような色をまとっています。Apple(アップル)製品としては「ローズゴールド」がiPhone 7Apple Watchに登場していますが、それとも若干色合いが異なりますね。

iPhone 8のカラーリングについてはまだその情報は少ないのですが、以前にはアナリストのミンチー・クオが「iPhone 8はカラーバリエーションが減る」と予想していたことがあります。さらに、著名リークアカウントのBenjamin Geskinは「iPhone 8は4色展開で、新色のミラーが登場する」とも。つまりあと1色は…ミラー!?

さらに今回の画像では、本体背面がガラスのようなつややかな素材でできていることがわかります。過去にはDigiTimesなどから、iPhone 8はガラス筐体にメタル(ステンレス製)フレームを組み合わせた高級感のあるものになると伝えられたこともあります。今回の画像では側面のフレームは見えないのですが、少なくとも背面はカッコイイガラス素材に回帰しそうな予感ですね!

今年秋の発表が予想されるiPhone 8だけでなく、iPhone 7s Plusにおいてもガラス製らしき筐体の画像が流出しています。これらの状況を考えると、今年の新型iPhoneラインナップはより高級感の増した物になりそうですよ!

Image: Weibo via MyDrivers

Source: MyDrivers

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by