「iPhone 8」の顔認証は暗闇でも動作し、とんでもなく早いらしい
Photo: Shutterstock

「iPhone 8」の顔認証は暗闇でも動作し、とんでもなく早いらしい

ピピッと電光石火のように?

iPhone 8」への搭載が噂されている赤外線による3D顔認証機能ですが、カメラによる顔認証ってあまりスピーディーじゃない印象がありますよね。顔をかざして、読み取って、ハイオッケーまでに一呼吸あるような…。しかし新たに登場したレポートによれば、iPhone 8の顔認証機能は極めて高速に動作するそうなんです。

Korea Heraldによると、iPhoneに搭載された3Dセンサーはユーザーの顔を「1秒の数百万分の1」というスピードで読み取れるんだとか。正直、この数字が正確なのかどうかは実物がない以上なんとも言えないのですが、それでも極めて高速なことに間違いはないでしょう。

さらにKorea Heraldは、この3DセンサーがiPhone 8のフロントとリアの両面に搭載され、「AR機能」のために利用されると伝えています。リアの3DセンサーでもAR機能が使えるという情報はなにやら興味深いですね。やはり、ARプラットフォーム「ARKit」での利用を想定しているのかな?

そしてiPhone 8の3Dセンサーに関しては、The Wall Street Journalも「暗所や薄暗い場所でも利用できるだろう」と報じているんです。それによれば赤外線を利用者の顔に数千箇所も照射する「立体照明」というシステムで、真っ暗闇の中でもユーザーの顔を正確にスキャンできるとのこと。ちょっと実際に使ってみるまで想像もつかない機能なのですが、たしかに暗闇の中で生体認証ができないのでは困りますからね。このような新機能も必要なのでしょう。

iPhone 8の赤外線による3D顔認証機能では画面のロック解除だけでなく、「Apple Pay」を利用した買い物でも利用できるとの情報があります。はたしてiPhone 8の顔認証が指紋認証機能「Touch ID」と同等の使い勝手を達成できているのか、注目が集まるところです。

image: Kaspars Grinvalds / shutterstock.com

source: Korea Herald, The Wall Street Journal via 9to5Mac

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by