「iPhone 8」の仮想ホームボタンはここまで便利になる…かもしれませんよ?
Image: Behance

「iPhone 8」の仮想ホームボタンはここまで便利になる…かもしれませんよ?

うーん、これは使ってみたい。

今年登場すると噂されている「iPhone 8」の一番の変化といえば、おそらく物理ホームボタンがなくなること。すでにAndroidスマートフォンでは物理ホームボタンに代わるナビゲーションバーの利用が一般的ですが、Apple(アップル)ならもっと仮想ホームボタン…いや、仮称「HomeBarをうまく使えるはず…というアイディアが、非公式なコンセプト画像として登場しました。

20170818nhome2.jpg
Image: Behance

今回のコンセプト画像は、デザイナーのJohn Calkins氏が作成したものです。

ディスプレイ下部の中央には、シンプルな仮想ホームボタンを表示。こちらはユーザーが色や大きさを指定したり、隠すこともできるんだとか。そして仮想ホームボタンの左側には「通知ボタン」を表示。現在溜まっている通知の数がわかります。また右側にはオーディオ機器の接続状況や天気など、好きな情報をセットできるそうです。

20170818nhome3.jpg
Image: Behance

さらに利用アプリによって、HomeBarの表示内容が変更されることも想定しています。通話アプリなら発信や着信アイコン、連絡先、「FaceTime」ボタンをおいたり、そのほかにもSiriを起動したり、音量を変更したり…。このあたりの使い方は、2016年モデルの「MacBook Pro」から搭載されている「Touch Bar」のようです。

20170818nhome4.jpg
Image: Behance

そしてアプリを全画面表示したいときには、仮想ホームボタンを隠す機能も。このような機能は実際に「HomePod」のファームウェアから確認されており、実装される可能性も高そうです。

というわけで、なかなか夢のある今回のコンセプト画像。実際にはユーザーを混乱させないためにも、極端な仕様変更が起きることは稀です。それでも今回紹介したような機能が一部でも採用されるといいですね。

iPhone 8の仮想ホームボタンは、リサイズや隠すことができるらしい

Image: Behance

Source: Behance

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by