アメリカ初の有人宇宙飛行「マーキュリー計画」をネジ1本まで完全再現したVRシミュレーター

  • author 岡本玄介
アメリカ初の有人宇宙飛行「マーキュリー計画」をネジ1本まで完全再現したVRシミュレーター
Image: STEAM

7人の宇宙飛行士、マーキュリー・セブンの気分になれる!

1959年に始まった、アメリカ初の有人宇宙飛行「マーキュリー計画」。アポロ計画の礎を築いた、歴史的な宇宙進出の第一歩として人類の歴史にその偉業が刻まれています。

そんな1960年代の宇宙飛行計画がVRシミュレーターとして追体験できるようになりました。 Go For Launch より、VRシミュレーター『Go For Launch: Mercury』のトレイラーをご覧ください。

Video: Go For Launch/YouTube

INDIEGOGOでゴールの設定金額を114%上回り、充分な開発資金を得た本作。Upload VRによりますと、製作したのはアマチュア開発者のジョー・チザムさん。2年を費やして制作したという本作は、NASAの資料を事細かく参考にして、計画中止となったフリーダム7-II号も含め7機の宇宙船のネジ1本までをも完全再現。さらにはコックピットのある内装も外装も、全て稼働するように作っているのです。

本作はもちろんエンターテイメントとして楽しめますし、科学や歴史の教育ツールとしてもご活用いただけます。

170731_mercury1.jpg
Image: STEAM
170731_mercury2.jpg
Image: STEAM

お買い求めはSTEAMにて。対応機器はOculus RiftとHTC Viveで、リリースは2017年9月を予定しています。

VRで大空を自由に飛ぶ鳥になれる、メーヴェ型の鳥シミュレーター『Birdly』

Image: STEAM

Source: INDIEGOGO, STEAM, YouTube via Upload VR

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by