「電力不要で半永久的に飛び続けるAIドローン」をマイクロソフトが研究中
Image: Microsoft

「電力不要で半永久的に飛び続けるAIドローン」をマイクロソフトが研究中

鷹や鷲といった猛禽類は、生態系の一つの頂点に君臨する空の覇者たち。彼らは獲物をとらえるために、最小限の力で長時間飛行し続けます。現在マイクロソフトは、猛禽類たちの飛び方を応用して、自立飛行が可能なAIドローンを実現しようとしています。

理科の授業で暖かい空気は上昇すると教わりましたね。太陽が地表を暖めると、地表の空気が暖められて上昇する「上昇気流」が発生します。

この現象を利用して飛行する猛禽類や航空機は、上昇気流をつかんで羽ばたかずに旋回しながら高度を上げます。鳥やパイロットは、上昇気流を見つけるのに熟達していますが、オートパイロットにそれを教えることは簡単ではありませんでした。

Video: Microsoft

モーターなしで飛行可能なドローンがあれば、農業から安価な携帯電話サービスまで、さまざまな分野に恩恵をもたらす画期的なものになります。マイクロソフトのリサーチャーたちは「無限飛翔マシーン(infinite soaring machine)」と名付けた16.5フィートのセールプレーン(上昇気流を利用して長距離を飛ぶグライダー)を設計・制作しました。

セールプレーンの特徴として興味深いのは、このドローンを操縦するために開発されている人工知能。気温、風向き、高度、その他のメトリック(GPSからの速度データや位置データなど)をセンサーで観測。それらのデータを利用して、セールプレーンが突然高度をあげた瞬間を検知し、上昇気流の位置を推測します。

20170818_ms2.jpg
Image: Microsoft

一度上昇気流を見つけたら旋回を開始し高度をあげていくためのシステムと、次の上昇気流の場所を予測するためのシステムを組み合わせて、人工知能はモーターを使わないで空中に留まる方法を少しずつ学んでいきます。

現時点では、このドローンはまだ永遠に飛び続けることはできません。離陸するには電気モーターを必要とし、翼と補助翼を動かすことで上昇気流に向かうように操縦されますし、モーターは搭載されたバッテリーによって駆動します。しかし最終的には、大きな翼に搭載する太陽電池と胴体に搭載された風力発電機で、必要なすべての電力を供給可能にします。

AIドローンが充電不要になり、半永久的に空中を飛び続けるようになれば、さまざまな分野の研究者にとって、作物の成長から気象まで永遠に観測可能な「空の目」として役立つでしょう。それらは飛行する携帯電話の基地局としても機能し、災害発生後数時間でセルラーネットワークを作り出すこともできます。

電力不要で半永久的に飛び続けることができるAIドローンが実用化すれば、さまざまな分野でイノベーションに貢献しそうですね。

Image: Microsoft

Video: Microsoft

Source: Microsoft

BAndrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(mayumine)

あわせて読みたい

powered by