ベリンガーのMinimoogクローン「Behringer D」、ハンズオン映像が公開

  • author ヤマダユウス型
ベリンガーのMinimoogクローン「Behringer D」、ハンズオン映像が公開
Image: SweetwaterSound/YouTube

価格も見直したっぽい。

今年春にその姿が確認され話題となった、Behringer(ベリンガー)が打ち出すMinimoog Model Dのクローン「Behringer D」。アメリカの大手楽器通販サイトSweetwaterがハンズオン映像を公開しています。

Video: SweetwaterSound/YouTube

さすが、アナログシンセの始祖たるDの名を冠するだけあり出音はブリっと野太く荒々しい。ツマミなどの面構えもしっかり踏襲されており、操作感も実機のそれと遜色なさそうです。そのまま音源モジュールとして使っても良いですし、ユーロラック規格(DOEPFER社が提唱するモジュラーシンセサイザーの規格)であることを活用してモジュラーシンセのシステムに組み込んでしまってもきっと楽しいでしょう。MooのMother 32と並べたら相当ロマンなのでは?

当初399ドルあたりだと予想されていた本機でしたが、Synthtopiaによると実際には大幅に値下げして299ドルで勝負に出るとのこと。この価格変更にはRoland(ローランド)が発表したアナログシンセ「SE-02」が影響しているのではないかと見られます。あちらはディスクリート回路構成でラダーフィルター搭載の499ドルですから、さらなる低価格化でグっと差別化してきたようです。

とはいえ、299ドルでMinimoogクローンが手に入るというのはそれなりにセンセーショナルな事実。むしろソフトウェア音源と競合しそうなくらいですしね。安価はベリンガーのお家芸でもありますが、買いやすいヴィンテージクローンというのはハードシンセ界に新需要を呼び起こせるか?

Image: YouTube

Video: YouTube

Source: YouTube, Synthtopia

ヤマダユウス型

あわせて読みたい