こことここ、直してね。割れたスクリーンが熱で直る技術の特許をモトローラが申請
Image: AlexandrBognat / Shutterstock.com

こことここ、直してね。割れたスクリーンが熱で直る技術の特許をモトローラが申請

通信機器メーカーのMotorola(モトローラ)が申請している特許が話題になっています。それは「割れたスクリーンをデバイスが修復する技術」の特許です。

スマートフォンやタブレット、ラップトップに至るまで、スクリーンにまるで蜘蛛の巣のようなヒビが入ったことがある人は少なくないはず。修理も安くないから、新しいのを買おうかな。だったら、新しいデバイスが発売されるのを待とうかな。…なんて考えながら、何ヶ月もバキバキのスクリーンのまま利用している人は私の友人にも何人もいます。この特許がもしも我々のスマートフォンに備えられるようになれば、わざわざ修理店に持って行かなくても、新しく買いなおさなくてもすむようになるかもしれません。

1 こことここ、直してね。割れたスクリーンが熱で直る技術の特許をモトローラが申請
Image: USPTO

スクリーン上に「形状記憶ポリマー」なる素材の層を備えることで、修復が必要な箇所だけ熱を加えて元の状態に戻す、という作業をするようです。こちらは申請書類から。

2 こことここ、直してね。割れたスクリーンが熱で直る技術の特許をモトローラが申請
Image: USPTO

「あのね、ヒビが入るときはね、こんなもんじゃないんだから」と突っ込みたくレベルの軽傷…。指でスクリーン上をタッチして、修復範囲を指定するようですよ。

3 こことここ、直してね。割れたスクリーンが熱で直る技術の特許をモトローラが申請
Image: USPTO

後はデバイスが選択範囲だけを適切に加熱し、スクリーンの修復をするというもの。修復のアイコンがハンマーなのがなんとも皮肉ですね。

修復した後のスクリーンが通常の状態にどれだけ近いのか、そもそもこのポリマー層が加えられたスクリーンのクオリティはどんな程度なのか、気になる点はたくさんあります。何度壊しても100%直る、というのは想像し辛いですが…。

もちろん大企業が申請する特許はほとんどがプロダクトとして実現されないものばかりです。これがすぐに我々の生活に入ってくるかと言うとあやしいでしょう。The Vergeは「ポリマーはガラス製のディスプレイとは違って安っぽく見える可能性がある。でも、子ども向けのガジェットには使えるかもしれない」とコメントしています。ディスプレイ系の新しい技術ユーザーも慣れるのに時間がかかりますし、この技術もどういった形で応用されるかは未知数ですね。

Image: AlexandrBognat / Shutterstock.com, USPTO

Source: USPTO via The Verge, Engadget,

(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by