マウスのバンドルとして始まった、「Microsoftペイント」の歴史を動画で追ってみよう
Image:Lazy Game Reviews/YouTube

マウスのバンドルとして始まった、「Microsoftペイント」の歴史を動画で追ってみよう

OSの進化と共に少しずつ洗練されていきました。

先日、Microsoft(マイクロソフト)から「Paint 3D(ペイント3D)」とバトンタッチするため、今後はアクティブに開発されないと発表されたWindowsのペイントツール「Microsoftペイント」。

ユーザーに32年間愛され続けたソフトなので、世界中の人々が色んな想い出を胸に秘めているかと思います。

そこで今回は、Lazy Game Reviewsが1985年から2017年までの「MSペイント」の歴史を追ってみました。皆さんにとって懐かしいのはどのバージョンでしょうか?

Video:Lazy Game Reviews/YouTube

これでガッツリお絵描きする人は稀かと思いますが、画面にスクリーンショットを貼り付けて、手描きでチョコチョコっと何かを記す作業などは今でも行なっている人がいるかもしれませんね。

このソフトはマウスで操作しますが、その歴史もマウスの登場とともに始まります。まずIBMのPCが1981年に登場。この時にはマウスは存在せず、2年後にMicrosoft、マウス・システムズからリリースされます。さらに1年後の1984年、マウス・システムズのマウスにバンドルとして付いてきた「PCペイント」は、Apple(アップル)の「Macペイント」に影響を受けたソフトでしたが、これが今の「MSペイント」の元祖となります。それからZsoft Corporationが「PCペイントブラシ」をクローンのように生み出しました。

その後Microsoftは1985年に最初の「Windows 1.0」をリリース。ちょうどバンドルとなるソフトを探していたところに「PCペイントブラシ」を採用します。始めは超シンプルなお絵描きソフトでしたが、以降256色でVGAグラフィックスをサポート、「.pcx」の拡張子を持つファイルフォーマットを開発するきっかけにもなりました。

1990年の「Windows 3.0」にもバンドルで付いてきましたが、それ以降Zsoft社はソフトを独自に進化させていき、Microsoftはシンプルなままの「ペイント」をOSに残し続けたのです。1995年のウィンドウズ95ではインターフェイスを一新。今で言う“クラシック”な灰色に変更されました。

2001年にリリースされた「Windows XP」ではJPGとPNGフォーマットをサポートするように。デジカメやスキャナーから取り込んだ画像を編集した人も多いかと思います。

2009年の「Windows 7」では、インターフェイスに薄い水色のリボンを採用します。新たなブラシの追加とアンチエイリアス処理を施すことにより、写真がもっと綺麗に描写されるようになりました。

最後に2017年。「Windows 10」にやってくるのが「ペイント3D」となります。

これまでの「ペイント」は初心者の登竜門的なグラフィック・ソフトでしたが……3Dになるとユーザーはどのように受け入れるのでしょうか?

Windowsの「ペイント」は消えない

Image:YouTube

Source: YouTube

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by