「あと5秒で雨が止む」IBMがAIでアプローチする、まったく新しい天気予報の形
Image: Mugendai(無限大)

「あと5秒で雨が止む」IBMがAIでアプローチする、まったく新しい天気予報の形

  • MugendaiMugendai

予定も立てやすくなりそうです。

事前の予想では猛暑になるといわれていた今年でしたが、蓋を開けてみれば東京では3週間近く雨が続くなど、アウトドア派にはちょっと残念な夏となってしまいました。

天気を当てるというのはそのくらい難しいということなのでしょうが、AIの力はそれすらも変えてくれるかもしれませんよ。

IBMのWebメディアMugendai(無限大)で紹介されていたのは、同社が誇るコグニティブ・システム「IBM Watson」が生み出す新しい天気予報の形でした。

実は日本IBMは、今年3月に気象予測業務の許可を取得。気象予報センターを設立したのですが、そこで発表された新しい気象予測モデルが「Deep Thunder」と呼ばれるもの。

これは、従来の気象衛星やレーダーの情報に加え、IBM Watsonに気象データを学習させ、機械学習で天気を当てようというまったく新しいアプローチの仕方なんです。同社はこれにより、1時間ごとの予報データを企業向けに提供することなどを計画しているそうですよ。

「バック・トゥー・ザ・フューチャー2」の劇中でドクが「この雨は5秒後に止む」なんて言っていましたが、本当に実現しちゃうのかもしれません。

AIと高精度の気象予測について、詳しくはMugendai(無限大)からお楽しみください。

Image by Mugendai(無限大)

source: Mugendai(無限大)

(渡邊徹則)

    あわせて読みたい

    powered by