D5、宇宙(そら)へ。ニコンがNASAへ「ニコンD5」を53台納入
Image: ニコン

D5、宇宙(そら)へ。ニコンがNASAへ「ニコンD5」を53台納入

53台も!

ニコンは、「NASAから『ニコンD5』を53台受注、納入した」と発表しました。宇宙飛行士の地上でのトレーニングや国際宇宙ステーション(ISS)内外での撮影機材として活用されるそうです。

D5といえば、ニコンのフラッグシップモデル。有効画素数2028万画素、常用ISO感度は100〜10240012コマ/秒の高速連写、フルHDだけでなく4K UHD 30pでの動画撮影機能、そして防塵防滴仕様のマグネシウム合金ボディ。この信頼性が宇宙へのパートナーとして選ばれている理由であることは間違いないでしょう。

これまで、ニコンのカメラは数多く宇宙へ旅立っています。その歴史を見てみましょう。

NASAに関連するニコンの主な歴史 1971年、アポロ15号でNASA仕様の「ニコンフォトミック FTN」と「NIKKOR」レンズが使用される 1980年、フィルム一眼レフカメラ「ニコンF3」をベースとしたモータードライブ付き「F3 “スモールカメラ”」と長尺フィルム用「F3 “ビッグカメラ”」を納入。スモールカメラは翌年打ち上げられたスペースシャトルコロンビア号に搭載される 1999年、フィルム一眼レフカメラ「ニコン F5」、「AF NIKKOR」レンズがスペースシャトルディスカバリー号に搭載され、船外活動(EVA)の撮影機材として活躍する 2008年、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD2XS」を納入。点検・整備など、記録用に宇宙空間での撮影で活躍 2009年、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD3S」を11台、NIKKORレンズ「AF-S NIKKOR 14-24mm f2.8G ED」を7本納入。スペースシャトルに搭載され、ISS内の撮影機材として使用される 2013年、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD4」を38台、「AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR」など計64本のNIKKORレンズ、その他アクセサリー類を納入。ISSの外側からソーラーパネルや外壁のチェックに使用 2016年、デジタル一眼レフカメラ「ニコンD4」を10台納入。ISSの外側からソーラーパネルや外壁のチェックに使用される (ニコンニュースリリースより引用)

最初に宇宙に旅立った「ニコンフォトミック FTN」から46年。ニコンのカメラたちが数多く、宇宙に旅立っています。

初期の頃は、NASAの要望に応えてカスタマイズされたものを納品していましたが、ニコンD2XSからはほとんどカスタマイズされておらず、市販品と同等のものが納品されています。それだけ、ニコンのデジタル一眼レフカメラが信頼されているということでしょう。

逆に考えれば、「宇宙で活躍しているデジタルカメラが僕たちでも使える」ということ。なんだかワクワクしてきますね。

ちなみに、初めて宇宙へ行ったカメラはハッセルブラッドの500Cと、ミノルタハイマチック。1962年のことです。それから55年。ニコンのデジタル一眼レフはD2XS、D3S、D4、そしてD5と4機種目となります。

これまでニコンのカメラで撮影されたタイムラプス動画が以下の動画にまとまっていますよ。

Video: ニコンイメージングジャパン公式チャンネル/YouTube

ああ、宇宙ってすごい…。それを撮影するニコンのカメラたちもグッジョブです。

D5はどんな映像を撮ってきてくれるのでしょうか。ワクワクして待ちましょう!

Image: ニコン

Video: YouTube

Source: ニコン

(三浦一紀)

あわせて読みたい

powered by