エンジンで発電、モーターで駆動するEVがスポーツカーになったら?
Photo: 野間恒毅

エンジンで発電、モーターで駆動するEVがスポーツカーになったら?

EVは単なるエコカー? いやいやそうじゃないんです。

「ノート e-Power」は、エンジンで発電しモーターで駆動するシリーズハイブリッドEV。発売直後、月間売上台数No.1をトヨタから奪うほど大好評で、日産の人も驚いたそう

そのノート e-PowerにNISMOという、チューンアップされたスポーツグレードがラインナップされています。今回はノート e-POWER NISMO(以下ニスモ)を東京から宮城県まで長距離試乗できたので、ノーマルとどう違うのか確かめてみました。

ノーマルのノートe-POWERとは別物

車名に含まれる“NISMO”は「Nissan Motorsports International CO.LTD.」の略。日産の子会社としてモータースポーツ向け自動車部品の製造・販売、レースへの参画などを行なっています。もともと大森にあったので「大森ファクトリー」と呼ばれ、レースでは数々の伝説をうちたてています。今は横浜市鶴見に本拠地を移し、ロードカーの開発にも注力しているんです。

“NISMO”を冠したモデルは、標準仕様の日産車をトータルでチューンアップしたもの。今回試乗したニスモも、ボディ補強やハンドリングの改善はもちろん、モーターのアクセルレスポンスや、パワーの出し方などもノーマルのノート e-POWERとはまったくの別物、まさにスポーツにしてます。

まず首都高にのってびっくり、軽やかに加速し、迫りくるコーナーも難なくこなすハンドリング。これなら運転好きな人が乗っても満足ですよ! 普段S2000に乗っている私が言うんですから、マジです。

パワフルな走行が可能になるスポーツモードをONにすれば、アクセルをちょっとあけるだけで十分な加速感が得られ、高速道路での巡航も楽々でした。

それでいてスポーツグレードにありがちなゴツゴツした乗り味とかではありません。タイヤもやたらめったらハイグリップではなく、比較的乗り味がマイルドなブランドのタイヤとサイズ。多少ドイツ車っぽい硬質な乗り味ですが、同乗者もこれなら許せるレベル。

しかもシフトチェンジがないので、オートマ限定免許の人でも普通に運転できるんです。

普段使いに便利なハイテク装備

さらに嬉しいのがオプションで付いていたスマート・ルームミラー

170714-nismo3.jpg
Photo: 野間恒毅

バック時にバックモニターになるだけではなく、「インテリジェントアラウンドビューモニター」で360度すべてが見渡せるし、センサーで移動物を検知してアラートを出してくれます。夜の暗い時にはモニターにした方がより明るく見えるようになるので積極的に活用したいハイテク装備です。

充電不要、ガソリンを入れるだけ

EVはテクノロジー好きな男性にはすごく魅力的なのですが、航続距離が短め、旅先で充電スポットを探さなきゃいけない、充電時間が長いのはストレスの元。

170714-nismo2.jpg
Photo: 野間恒毅

ニスモを含むノートe-POWERシリーズは、EVではありますが、ガソリンエンジンで発電するので充電いらず。普通の自動車同様、ガソリンスタンドで満タンにするだけ。しかもレギュラーガソリン指定なのでちょっとお財布にも優しいです。

エアコンは加速に影響しない

暑い時期に気になるのがエアコン。実はEVはエアコンがネック。電気をつかってエアコンを作動させるのでそっちに電池を食われちゃうんですね。だけどエンジンをもち、コンプレッサーが普通についているe-POWERは、エアコンをつけていてもモーターの加速パフォーマンスにほとんど影響しません。EVは航続距離が短いので電池を消費すると心もとなくなりますが、e-POWERは航続距離が長いのでその点も安心なんです。

気になる燃費ですが、高速道路を走行し、サーキットではドライビングレッスンを受け、暑かった待ち時間はエアコンを常時つけている状態でトータル約12km/Lでした。逆にいえばこれ以上悪くなりようがないと思います。

スポーツカーの未来形?

モーターのいいところは馬力はそこそこでもトルクは太く、低回転での出足が良く、特にこのNISMOはアクセルレスポンスが鋭敏で思った通りに加速してくれました。テスラも0-100km/h加速が良いことを売りにするくらいなので、今後もEVにスポーツカーが増えてくるかもしれませんね。

Photo: 野間恒毅

Source: 日産:ノート [ NOTE ] 電気自動車 (e-POWER) | NISMO

(野間恒毅)

あわせて読みたい

powered by