ペッパー君が読経。ニッセイエコがロボットによる葬式や電子芳名帳のサービスを開始へ
Image: (C) 2016 NISSEI ECO CO.,LTD. All rights reserved. via ニッセイエコ via @Press

ペッパー君が読経。ニッセイエコがロボットによる葬式や電子芳名帳のサービスを開始へ

IT化の波はこんなところにまで。

日本の変わったテクノロジーやサービスが海外で話題になることはよくあります。日本在住の人々からすると「そんな変わった事ばかりではないよ」と突っ込みたくなる一方で、絶句してしまうようなサービスが飛び出してくるのも事実。そんな「海外ニュースで取り上げられそうないかにも”変わった日本”」的な最新サービスが、株式会社ニッセイエコによるソフトバンクのロボットPepperを使った「ロボット導師」です。

以下、ニッセイエコより引用。

<ロボット導師> ロボットの読経による、全く新しい弔事をご提案。菩提寺の無い方や、霊園や納骨堂を求めたい方、檀家制度にとらわれたくない方など、葬儀に関する様々なニーズに応えて生まれたのが、ロボット導師です。ご葬儀、法事法要、戒名授与などの場でご希望の宗派に合わせてどんな場所でも読経いたします。
20170824pepper2.jpg
Image: (C) 2016 NISSEI ECO CO.,LTD. All rights reserved. via ニッセイエコ via @Press

ロボットの読経...ついに時代はここまで来たわけですね。ペッパー君がお葬式に来てくれるわけですから確かに「ありがたや」と言いたくなりそうです。「ご希望の宗派に合わせてどんな場所でも読経いたします」という説明がロボットだからこそ、非常に説得力がありますね。本当にどんな宗派でもどんな場所でも対応できそうじゃないですか。

「お葬式って何のためにやるんだっけ」という根本的な疑問に向き合わせてくれるという点では、ある意味、非常に真摯なサービスのようにも思えます。「電子芳名帳」なんかは実際にとても便利そうで、着眼点に感心してしまいます。

同じく以下、ニッセイエコより引用。

20170824pepper1.jpg
Image: (C) 2016 NISSEI ECO CO.,LTD. All rights reserved. via ニッセイエコ via @Press
<電子芳名帳> 今まで手書きで行なわれていた、芳名帳記入をIT化。ご葬家様の負担も減り、より葬儀自体に集中できるようになります。 ・いくらお香典が集まったかがタイムリーでわかるので帳場での作業が軽減されます。 ・返礼品を参列者がその場で選択できます。 ・最終的にさまざまなデザインの芳名帳に印刷が可能です。

他にも葬儀のライブ配信による「ネット葬儀サービス」、祭壇のシミュレーションをしてくれる「アバター祭壇」と、かなり積極的なIT導入を試みているようです。ペッパー導師による葬儀、参列してみたくあります。

デジタルな祝福を。ロボットが牧師になる時代は到来するのか?

Image: (C) 2016 NISSEI ECO CO.,LTD. All rights reserved. via ニッセイエコ via @Press

Source: ニッセイエコ

(塚本 紺)

あわせて読みたい

powered by