Samsungのモバイル部門代表が「スマートスピーカーをまもなく投入」と発言!
Screenshot: Doga / Samsung

Samsungのモバイル部門代表が「スマートスピーカーをまもなく投入」と発言!

今後のサムスンの伸びしろが気になる、気になる!

先日、Galaxy Note 8の華々しいリリースを迎えたばかりのSamsung(サムスン)。発表イベントと合わせて、サムスンが今後リリースしそうなものがちらほら明らかになってきています。そこで、CNBCがSamsungのモバイル統括代表DJ Koh氏に行なったインタビューによると、もうまもなくスマートスピーカーを投入する予定であるということがわかりました! 詳しい情報は明らかになっていませんが、音声AI「Bixby」が搭載されるということは容易に想像ができそうですね。

実は以前からプロジェクト名「Vega」と称して開発が噂されていたスマートスピーカー。開発が遅れていた背景として、当時は韓国語のみ対応だったBixbyの音声アシスタント機能(通称:Bixby Voice)の英語対応の遅れが影響していると言われていました。しかし、その後サムスンはアメリカ英語への対応を完了させ、最近では順次200カ国以上への配信を決定しています(ただし言語は韓国語とアメリカ英語のみ...)。この流れから察するに、Bixbyと合わせてプロジェクトVegaの進捗もなかなかいい感じであるということなのかもしれませんね。ではないと、会社の人間がインタビューでここまで明言できないでしょうし。

サムスンは2014年にIoTデバイスの開発を進める会社SmartThings(スマートシングズ)を買収して以降、率先してスマートホーム市場全体の底上げを図ってきました。このタイミングでのスマートスピーカーの投入は少し後発感がありますが、ただSmartThignsデバイスとの相性は抜群なのではないでしょうか。むしろ、SmartThingsを通して地盤を固めていたという気すらしてきます。そのほかスマートスピーカーを販売しているAmazon(アマゾン)、Google(グーグル)、そして一部の国で12月にHomePodをリリースする予定のApple(アップル)も、うかうかとしていられませんね。今後もサムスンには目が離せません。

Samsungがスマートスピーカー「Vega」を開発中? 音声AIアシスタントBixby搭載か

Screenshot: Samsung

Source: CNBC

(Doga)

あわせて読みたい

powered by