変なのついてる。「iPhone 8」の3Dセンシング・カメラ部品の画像が流出か
Image: SlashLeak

変なのついてる。「iPhone 8」の3Dセンシング・カメラ部品の画像が流出か

なにやら見慣れない形状だぞ…。

今年登場すると噂の「iPhone 8」こと新型iPhoneでは、赤外線による3D顔認証機能「Face ID」が利用できるといわれています。さらに、3Dセンサーを利用した「AR機能」の搭載があるかもしれません。そんな噂を裏づける、iPhone 8の3Dセンシング・カメラモジュールとされる画像が流出しています。

SlashLeakが公開した今回の画像では、カメラの横に見慣れない四角い部品がありますね。何かのリーダーのようにも見えるのですが、残念ながらその詳細は不明です。また、iFixitが公開しているこちらのiPhone 7のフロントカメラとも形状が異なっていることがわかります。

20170824niphone8cam2.jpg
Image: iFixit

もしこの部品がフロントカメラ用のモジュールだとすれば、右側の部品は赤外線による3D顔認証を担当するのかもしれません。KGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏が以前「iPhone 8の3Dセンシング技術はライバルの2年先をいく」と発言していることもあり、どれだけ高性能なのかちょっと楽しみですね。

iPhone 8の3D顔認証機能では、画面などのロック解除だけでなく「Apple Pay」と連動してお買い物に利用できることを予想させるコードも見つかっています。物理ホームボタンの消失とともにiPhone 8で指紋認証機能「Touch ID」が利用できなくなるかどうかは不明ですが、Appleが新たな生体認証方式への乗り換えを狙っているのは間違いないでしょう。

もちろん、この部品がフェイク品かもしれないのですが…。ただiPhone 8の量産はもう始まっているともいわれていますし、それを踏まえればこの部品が本物である可能性はあながち低くなさそうです。

iPhone 8の3D顔認識、プロジェクトコードネームは「Pearl ID」!

「iPhone 8」の顔認証は暗闇でも動作し、とんでもなく早いらしい

かなり先進的! 「iPhone 8」の3Dセンシング技術はライバルの2年先を行く?

新型iPhone、全モデル量産開始という朗報伝わる

Image: SlashLeak, iFixit

Source: SlashLeak

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by