デザインも最高! 名機TR-808とSH-101を復刻した新機種がRoland Boutiqueシリーズに登場
Image: © 2017 Roland Corporation via YouTube

デザインも最高! 名機TR-808とSH-101を復刻した新機種がRoland Boutiqueシリーズに登場

あの面構えがついにBoutiqueファミリーに。

Jupiter-8やJUNO-106、TB-303など、数々の名機を復刻してきたRoland Boutiqueシリーズに、新たに2つのラインナップが追加されました。リズムマシンの名機TR-808をモチーフにした「TR-08」、そしてモノシンセの名機SH-101をモチーフにした「SH-01A」です。

Boutiqueシリーズが始まった頃より特に復刻の声が高かった2機種が、ついにお目見えですね。これらが発表されたのが2017年8月8日(火)、すなわちヤオヤの日というのも上手いこと言ってくれたものです。2機種ともコレクター心をくすぐる素晴らしいデザインで、いよいよBoutiqueシリーズも大家族になってきました。

Video: RolandChannel/YouTube

アメリカの音楽プロデューサー/ソングライターデュオ、ジャム&ルイスのジミー・ジャムも絶賛するTR-08は、象徴的な赤橙黄白のカラーステップをコンパクトに落とし込んだ、まさにミニTR-808なデザイン。USBオーディオ/MIDI接続に対応し、USB接続時には10系統のパラアウトをもちます。電池駆動と内蔵ミニスピーカーで、世界のヤオヤサウンドを膝の上でプログラミングできるのは得も言えぬ感動です。

Video: RolandChannel/YouTube

グレー、ブルー、レッドの3色展開でおくるSH-01Aは、オリジナルでは実現できなかった4音ポリフォニックに対応し、重厚なベースやパワフルなリードに加え、厚いハーモニーも作れるようになりました。ユニゾン、コード、4ポリの3つのモードをもち、シンプルだったモジュレーターは波形を選べるLFOにアップデートされています。表面に配置されたCV/GATE出力も、ビンテージシンセと組み合わせてくれと言わんばかり。

ラッパーAfrika Bambaataaと並ぶヒップホップのパイオニアにしてTR-808の熱狂的ファンで知られるラッパーのEgyptian Loverが、早速TR-808vsTR-08をデモンストレーションしています。TR-08の方が高域がややクリアかな?

Video: PSSL ProSound and Stage Lighting/YouTube

耳慣れたサウンドはもちろん、蒐集欲にもバリバリくるのがBoutiqueシリーズのオイシイところですね。TR-808とTB-303を並べられる人は世界でも限られますが、TR-08とTB-03なら、その横にJU-06やMoogライクなピュアアナログシンセSE-02だって並べられます。それが手元にあるという高揚感も、楽器がもつ大きな魅力です。

発売日は2機種とも9月下旬頃で、SH-01Aのブルーとレッドのみ10月上旬頃予定。発売価格はBoutiqueシリーズ共通の5万円前後と見られています。早く鳴らしてみたい!

ローランドがアナログシンセ『SE-02』を発表。Studio Electronicsとの共同開発!

Image: © 2017 Roland Corporation via YouTube

Source: Roland, YouTube(123

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by