リュック・ベッソン監督『ヴァレリアン』のVFX裏側映像

リュック・ベッソン監督『ヴァレリアン』のVFX裏側映像

とにかく美麗でスケールがでかいリュック・ベッソン監督の最新SF超大作『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ(原題:Valerian and the City of a Thousand Planets)』から、VFX裏側映像が公開されました!

日本での公開予定は2018年とまだまだ先ですが、雰囲気だけでもお楽しみ下さい。ちなみにネタバレではありません

動画はMikros imageより。

ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』のモニターVFXを担当したのはフランスのスタジオMikros image。

フランスの海底探検家ジャン=イヴ・クストーの伝記映画『L'odyssée』のVFXも担当したのもここみたいです。

ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ』は筆者の住むマレーシアですでに公開されています。まだ見ていないのですが、評判いいので4Dで楽しもうと思っています。この手の映画は大画面で楽しんでこそ、ですからね。

Source: Art of VFX

中川真知子

あわせて読みたい

powered by