ここにきてiPhone 8は出荷が遅れているかも…。最悪のケースは発売日の延期
Image: WZ Leo/Shutterstock.com

ここにきてiPhone 8は出荷が遅れているかも…。最悪のケースは発売日の延期

発表を目前にガッカリなニュース…。

iPhone 8(仮称)」でこれまで心配されてきた、生産の遅れ。それがもしかすると、最悪のケースとなって現実となる可能性があります。海外テックサイトのTechCrunchが信頼できる筋から得た情報によると、「iPhone 8」の出荷は、同時に発表されるiPhone 7s/7s Plusより遅れるというのです。

これまでの情報から考えると、9月12日のイベントでは3機種の新型iPhoneが発表されるのはほぼ確実です。これは皆さんもご存知、有機ELディスプレイを搭載したiPhone 8、それに液晶ディスプレイを搭載した「iPhone 7s/7s Plus(仮称)」ですね。

TechCrunchによると、iPhone 8がiPhone 7s/7s Plusから出荷がどれくらい遅れるのかは不明です。とはいえ、まだ“出荷”が遅れるという話ですので、それが発売の遅れまでに影響するのかはわかりません。

さらにThe Wall Street Journalは、iPhone 8の生産が1カ月近く遅れていることを報じています。その原因は、当初は指紋認証機能「Touch ID」をディスプレイに搭載しようとしたものの、後に諦めたからなんだそう。

さらにこの方針変更により、iPhone 8に深刻な生産量不足が発生しているそうです。The Wall Street JournalもiPhone 8の発売が遅れるかどうかについては言及していませんが、その覚悟はしておいたほうがいい、というのが現状でしょう。

正式な予約開始日と発売日は、9月12日のイベントで案内されるでしょう。一部ではiPhone 8の予約開始日は9月15日で、発売日は9月22日になるとの情報もありますが、なんとかして9月22日の発売に間に合わせてほしいと願うばかりです。

関連記事これがiPhone 8。これまでの噂・流出情報を総おさらい

Image: WZ Leo/Shutterstock.com
Source: The Wall Street Journal via The Verge, TechCrunch

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by