3D Touchでのアプリ切り替え機能、「iOS 11」のアプデで帰ってくるって
Image: Apple

3D Touchでのアプリ切り替え機能、「iOS 11」のアプデで帰ってくるって

画面端をグリッとするやつ。

配布の始まった「iOS 11」でひっそりと消えた、画面左端をグッと押すことで起動するアプリ切り替え機能。あの機能が好きだったのに〜という人もいると思うのですが、ありがたいことにこの機能がiOS 11のアップデートで復活するそうなんです。

MacRumorsが掲載した読者のAdam Zahn氏とApple(アップル)のソフトウェア・エンジニアリング担当上級副社長のクレイグ・フェデリギ氏とのやり取りで明らかになったこの情報。どうやら、機能が削除されたのは技術的な制限で、一時的なものだったようです。

Zahn氏「3D Touchによるアプリ切り替えジェスチャー、オプションでいいからiOS 11に復活できないかな?」


フェデリギ氏「すまない、あの機能は技術的な制約から一時的にサポートを外されたんだ。将来のiOS 11.xのバージョンで復活させる予定だよ」(一部省略)

ほっ。よかったよかった。親指を画面上から移動させずにタスクが切り替えられるあの機能、よく考えると実用的なんですよね。というのも「iPhone X」ではホームボタンがなくなるので、タスクの切り替えには新しいジェスチャー操作(画面下から上へとスワイプ)を覚える必要があります。だったら、画面端を押し込む操作のほうが楽なんじゃない?なんて思ってしまうわけです。

iOS 11とiPhone Xの登場で大きく変わろうとしているiPhoneの操作方法。こちらの記事ではiPhone Xの新たな操作方法について解説しているので、今のうちに勉強しときましょ。



Image: Apple
Source: MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by