Android TV搭載で4K HDR対応の「PIXELA Smart Box」が発売間近

    Android TV搭載で4K HDR対応の「PIXELA Smart Box」が発売間近
    Image: ピクセラ

    Apple TV 4Kの対抗馬!

    これからのスタンダード感がプンプンする「4K」と「HDR」、それらに対応したAndroid TV 7.0 Nougat搭載のセットトップボックスが、ピクセラより10月6日から発売される模様です。その名も「PIXELA Smart Box」。

    まずは4KとHDRのおさらいを。シンプルに言えばどちらも映像の綺麗さを表す規格ですよね。4Kは横軸に約4,000の画素(横3,840×縦2,160)があることを指し、HDRは表示できる「輝度」の幅が広いことを意味します。フルHDの4倍もの画素たちが、対応コンテンツを明暗はっきりと映してくれるわけです。

    なにが観れるの?

    Android TVを搭載しており、テレビに接続してさまざまなコンテンツがエンジョイできます。「YouTube」や「Google Playムービー&TV」といった動画・VOD、スポーツ中継やストリーミング、ゲーム、音楽、写真などが主で、「Google Playストア」からアプリもインストールできます。またChromecast対応なので、スマホやタブレットからコンテンツをキャスト、またはChromeブラウザからパソコン画面をキャストすることができます。ネット環境があれば、見たいものはだいたい見れるといった印象です。

    20170925pixela-smart-box-02
    Image: ピクセラ

    ラクラク操作

    リモコンのマイクボタンを押してから観たいもののキーワード(タイトル・人物・ジャンルなど)を言うだけで、アプリを問わず関連コンテンツをずらっと表示してくれます。ホーム画面の「おすすめ」も同様で、アプリの垣根を超えてかき集めてきてくれます。これはラクですよね。コンテンツにたどり着くまでの手順が少なくて済みますし、時間の短縮にもなります。

    誰にオススメ?

    HDMI接続のテレビを持っている方、もしくは買う予定の方はもれなく検討の価値があるかと思います。真価を発揮するのは4K HDR対応のテレビにつなげたときですが、フルHD・HD・SD画質の映像出力もできるので、あらゆるテレビに繋げて使うことができます。将来4K HDR対応のテレビに買い換えることがあれば、つなぎ直すだけで引き続き使えるのもお忘れなく。

    ただ、残念なことにNetflixは現状非対応です(Chromecastからなら再生できるかも?)。値段はオープン価格とのことですが、公式ストアではセキュリティソフトが付いて1万4800円。「ビデオマーケット」というVODサービス付きの、月額1,512円プランなどもあります。

    テレビ前の重力がまた一段と強くなりますね。



    Image: ピクセラ
    Source: ピクセラ

    (西谷茂リチャード)

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ