スマホ連携、センサーでトリック認識! 大人も夢中になる未来のIoTけん玉「電玉」がアツい
Image: Amazon.co.jp

スマホ連携、センサーでトリック認識! 大人も夢中になる未来のIoTけん玉「電玉」がアツい

ある意味レトロ×フューチャー!

集中力と技能で華麗なトリックを決める。遊びだけでなく、競技としての側面もある日本の伝統的おもちゃ「けん玉」がまさかのIoT化。まさかのスマートけん玉が誕生しています。その名も「電玉」です。

Image: Amazon.co.jp

「電玉」は本体と玉にセンサーを搭載し、スマホアプリと連動。手に持った電玉を動かすと、その様子がリアルタイムに、アプリ上の3Dモデルへ反映されるんです。

170825dennk02.JPG
Photo: 小暮ひさのり

こちらは「東京おもちゃショー」で対戦モードを実演している様子。アプリにはさまざまなプレイモードがありますが、「対戦モード」なんて従来のけん玉にはないゲームも体験できますよ。内容は落ち物パズルのような2分割画面で、技を決めると相手のエリアに障害物を送り込めるといったルールのようです。

僕も実際に体験してみたのですが、不器用な僕はひとつもトリックを決められずに、なんともモニョッた気分になりましたけどね!

Video: Yoshihiro Ohtani/ YouTube

プレイのイメージとしてはこんな感じ。ここまでトリックを決められるようになると楽しそうですね! けん玉の練習になるだけでなく、対戦やクエストといったアプリ内ゲームも盛り上がりそうで、けん玉界に新たな風を巻き起こしそうなデバイスです。

それにしても、こうして古くからあるものに、新しいテクノロジーが加わり遊びの幅が広がり、その体験をリアルタイムに受けることができる。今の時代って素晴らしいと思いませんか?

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページでご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp, YouTube

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by