Amazonの製品発表会で新デバイスがドシドシ登場! 小型の「Echo Show」や、4KHDR対応の「Fire TV」など
Image: Gizmodo US

Amazonの製品発表会で新デバイスがドシドシ登場! 小型の「Echo Show」や、4KHDR対応の「Fire TV」など

Fire TVは日本でも買える!

9月27日にAmazon(アマゾン)本社で発表された新製品発表会。Amazon Echoの後継機「Echo Plus」に合わせて、Echo関連デバイスが追加で3台、それと新型「Fire TV」が登場しました! こ、これはなんとも盛大なハードウェア祭り。3台のEcho関連デバイスはそれぞれ「Echo Spot」「Echo」「Echo Buttons」。さて、今回の発表内容を整理していきましょー!

Echo Spot

170928_amazon_new_speaker_products_1
Image: Amazon

Echo Spot」はまさにEcho Showの小型版といったイメージ。枕元に置くアラームに見えなくもないですが、2.5インチのタッチディスプレイとスピーカーを搭載した立派なスマートスピーカーです。もちろん声でAlexaを立ち上げてさまざまな機能を使えるだけでなく、ちゃんとEcho Showと同じくテレビ電話もかけられちゃいます。

それにしても、可愛い...。Echo Showのデザインはゴツゴツとして無機質な印象を覚えたのですが、Echo Spotは丸みを帯びていて、ディスプレイが目玉みたいで愛着もてそうですね。値段は129.99ドル(約1万4600円)で、アメリカでは本日から予約開始。12月19日に発売開始予定のようです。これは、絶対枕元に置いておきたくなりますね。

Echo

170928_amazon_new_speaker_products_2
Image: Amazon

「ん? 『Echo』? でも見た目は今までのEchoと違うぞ?」と疑問に思われたそこのあなたは正解です。実は初代Echoが、デザインと値段を一新してアップグレードしました! なお初代Echoサイズのモデルは、Echo Plusとしてリニューアルしました。

本モデルのスピーカーは、Dolbyサウンド対応で、2.5インチのサブウーハーと0.6インチのツイーターを搭載しており、小さいながら音質も向上している様子。カラバリも6種類! これで、部屋のインテリアとうまく合わせられそうですね。しかも値段も99.99ドル(約1万1230円)という圧倒的な安さで、10月31日から発売開始です。

170928_amazon_new_speaker_products_3
Image: Amazon

なお、改めてEchoの製品ラインを整理しておくと、ローレンジモデルが最安の「Echo Dot」ミドルレンジモデルがこの「Echo」、そしてハイレンジモデルが「Echo Plus」という理解で良さそうですね! そして過去のミドルレンジモデル「Amazon Tap」はラインアップから外されています。

Echo Buttons

20170928-Amazon-Products-4-1
Image: Amazon

今回新たにEchoファミリーに加わったこの「Echo Buttons」は、シンプルに説明すると…「ボタン」です。いや、捉え方によってはAlexa上でプレイするゲームの「コントローラー」とも言えるでしょう。Echoと連携させて、トリビアやクイズゲームで使われるような早押し的な遊び方ができるみたいですよ。

これ、今後ゲームのバリエーションによっては、いろいろな遊び方ができそうですよね。Amazonが、スマートスピーカーにあえてコントローラーを授けたというのもなんだか感慨深い…。まぁ値段もたったの20ドル(約2,240円)のようなので、とりあえずパーティー用に買い揃えておくが勝ちですね、これは。

Fire TV

20170928-Amazon-Products-5
Image: Amazon

新型Fire TVは、従来の4K Fire TVをさらに上回る4K HDRに対応しました。Dolbyサウンドにも対応で、なんとAlexa搭載の専用リモコンも用意されているようですよ!(日本語版はAlexaに対応していないため未搭載)。 これは、先日Apple(アップル)が発表した新型Apple TV 4Kとぶつかりそうですね。

値段はApple TV 4Kより約1万円安く、8,980円。今回の新製品の中でFire TVだけは日本でも購入できます。本日からAmazon.jpで予約開始で、10月25日より発売開始です。


と、駆け抜けるようにおさらいをしてきました。とにかく今回はEchoデバイスの進化がすごいですね。なんだかEchoデバイスが増えすぎるあまり、ちょっとわけがわからなくなってくるくらい…。

Echo Spotは可愛いですし、Echo Buttonsには末恐ろしいポテンシャルを感じますし、ますますAmazonの勢いは止まるところを知りません。さぁ、ほかのライバルがどう続くのかも見ものですよ!



関連記事Amazon Echoの第2世代「Echo Plus」が登場。Dolbyサウンド対応、ホームハブ機能が追加!

Image: Gizmodo US, Amazon(1, 2
Source: The Verge, Gizmodo US, Amazon

(Doga)

あわせて読みたい

powered by