Amazon、買収したスーパー「Whole Foods」でさっそく値下げ実現

  • author 福田ミホ
Amazon、買収したスーパー「Whole Foods」でさっそく値下げ実現

リアルなAmazonワールドがまたひとつ拡大しました。

今年2017年6月、Amazon(アマゾン)が米国の高級自然派スーパーWhole Foods Market(ホールフーズ・マーケット、以下Whole Foods)を買収することが発表されて話題になりました。こういう大型買収ってまず手続きに何カ月もかかったり、さらにその恩恵を利用者が受けられるまでには1年とかかかったりしがちです。

でもさすがのAmazon、動きが速かったです。8月28日、発表から2カ月ちょっとで買収手続きを完了させ、その日からWhole Foodsの店頭で値下げを実現したんです。

AmazonとWhole Foodsからの発表によれば、Whole Foodsの店頭ではすでにオーガニックのバナナ、アボカド、リンゴ、卵などなど主要な生鮮品を値下げしています。値引き幅は店舗とか商品によって違いますが、Recodeによれば、1ポンド(約450g)あたり3.49ドル(約390円)だったオーガニックふじリンゴが1.99ドル(約220円)と43%も安くなったりしてるみたいです。ちなみにリンゴ1個あたりでいえば、小さめのもの1個175円だったのが、100円になったという感じ。

私の近所(ニューヨークから車で1時間の郊外)にもWhole Foodsがあるので見てみたら、いろんなものがちゃんとWhole Foods+AmazonのPOP付きで安くなってました。住人の感覚として言うと、ポンドあたり2ドルのリンゴは別に安くはないんですけど、オーガニックのものとしてはお手頃じゃないかと思います。

170830_amazonwf2
Photo by 福田ミホ

Whole Foodsといえば高級、つまりお高めというイメージでしたが、これからは高品質だけど普通価格、という難しいバランスを実現していくってことみたいです。今回の買収完了の発表ページには、こんな風に書かれてました。

AmazonとWhole Foods Marketは、AmazonによるWhole Foods Marketの買収が完了したことを発表しました。両社はともに、Whole Foods Marketの高品質・天然・オーガニックの食品をすべての人に手の届くものにするというビジョンを追求していくことを宣言します。そのビジョンの先駆けとして、Whole Foods Marketは本日から全店舗で、定番生鮮品のベストセラーからの選りすぐりを低価格で提供開始し、今後もその対象を拡大していきます。

また一部の店舗では、Amazon Echoも販売されてるみたいです。しかもこちらも大安売りで、定価179.99ドル(約2万円)のAmazon Echoが99.99ドル(約1万1000円)と半額近くになってます。

Whole FoodsとAmazonは単に値下げするだけじゃなく、他にもいろんなコラボレーションを打ち出していくようです。たとえばAmazon Primeが今後Whole Foodsのポイントプログラムになるとともに、Prime会員限定の割引サービスや特典も作っていくとのことです。また一部のWhole Foods店舗にはAmazonの商品配送先として指定できるAmazonロッカーを設置、Amazon FreshでWhole Foodsの独自商品を取扱いなどなど、あらゆる側面でAmazonとWhole Foodsが融合していくみたいですね。

Whole Foodsって高級とかオーガニックとかでちょっとニッチなので、とにかくマスで効率重視のAmazonと合うのかなーなんて思ってたんですが、外野のそんな心配なんかものともしないで突き進んでいきますね、Amazon。

Image: Jonathan Weiss / Shutterstock.com
Photo: 福田ミホ
Source: AmazonRecodeBusiness Insider

(福田ミホ)

あわせて読みたい

powered by