iPhone Xではユーザーの表情を再現する絵文字「Animoji」が使えるみたい
Image: 9to5Mac

iPhone Xではユーザーの表情を再現する絵文字「Animoji」が使えるみたい


「うんち」もあります。

新型iPhone「iPhone X」と「iOS 11」の組み合わせではさまざまな新機能が実現される予定ですが、ここでは少し変わった楽しい機能をご紹介しましょう。なんとiPhone Xでは、自分の表情を再現した動物などの絵文字「Animoji」が利用できるみたいなんです。


20170910nemoji2
Image: 9to5Mac


9to5Macが紹介しているこの機能では、まずユーザーの顔の表情をiPhone Xの3Dセンサーで読み取ります。そしてその表情を3Dの絵文字に当てはめて、オリジナルの絵文字が作れるんです。上のGIF画像のように驚いた表情の猿や笑うロボ、おしゃべりしている猫など、なんともファンシーで楽しげな機能ですね!

Animojiで利用できるのは動物やロボットだけでなく、エイリアンやユニコーン、それに「うんち」と多種多様。こんな絵文字が送られてきたら、ほっこりしてしまうこと間違いなしです。

これまでの流出情報から、iPhone Xの画面上部の切り欠き部分には3Dセンサーが搭載されることがわかっています。これとフロントカメラを組み合わせることで3Dイメージの作成も可能なのですが、おそらくこの機能はiPhone 8/8 Plusには搭載されなさそう。つまり、Animojiを作成できるのはiPhone Xに限られそうです。

一方では「笑顔の絵文字をビジネスメールで使ってもロクなことがない」という興味深い調査も登場しているので、このかわいいAnimojiもプライベートで使うのが良さそうですね。

Image: 9to5Mac
Source: 9to5Mac
(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by