悲報。iPhone 8、Apple Watch Series 3のカラバリから「ローズゴールド」がなくなる

    悲報。iPhone 8、Apple Watch Series 3のカラバリから「ローズゴールド」がなくなる
    Image: Apple

    華麗に散った「ローズゴールド」。

    世界で何百万もの人たちが同じスマホを使っている訳ですから、せめて「個性をぉ!」と、本体のカラーでほかの人と差別化を図ろうとしている人も多いんじゃないでしょうか? まぁ700万人のうちの1人だったのが、200万人のうちの1人になる程度だと思いますが…。それでも、やっぱりバリエーションは多い方が華やかでなんだか嬉しいですよね。

    ただ、そんな皆さまに悲報です。Apple(アップル)は、新たに発表したモデル、iPhone 8とiPhone XApple Watch Series 3のカラバリから「ローズゴールド」を消し去ってしまったみたいです…。つまり、これらモデルへと買い替えをしようと思っていた人たちは、愛着のあるこのピンクカラーを諦めなくてはいけなくなるということ。

    そのほか、iPhone 7シリーズに登場した「ジェットブラック」も、次期モデルには継承されなかったようですね。まぁiPhone 8の背面はガラス製なので、スペースグレイでもジェットブラックっぽい光沢感がありますが。確かにジェットブラックに関しては賛否両論ありましたよ。指紋や手脂もバンバンつきますし、ケースをつけないと擦り傷もすごいてすからね(私は好きなんですどね)。

    ただ、ローズゴールドを殺しちゃうのはちょっと痛いんじゃないですかね。iPhone 6sシリーズから新たに加わり、その後もスタメンとして当時多くの人を幸せにしてくれたはずです。もちろんMacBookやiPadなどそのほかのApple製品では引き続きローズゴールドは生き残っていますが、iPhoneとApple Watchでは残念ながらシルバー、ゴールド、スペースグレーのみとなってなってしまいます。

    ちなみに、iPhone 7シリーズに途中で加わった「(PRODUCT)RED Special Edition」のもさりげなく現行のカラバリから消えています。特別モデルではあるものの、足音も立てずに去って行かれるとちょっと切ない…。

    確かに、iPhone XのFace IDによる顔認証機能は革新的で、今後のスマホ業界の先を行く技術であることは理解できますが、Appleは、もっとシンプルで意外と重要だったりする「カラー」においてはどうやら今回は強気な決断を下したようですね。少し不安なのが、いろいろな意味で影響力をもつAppleですから、ほかメーカーもAppleに続いてピンクやローズゴールドカラーを廃止してくるんじゃないかっていうこと。そもそも、iPhone 6sで初めてこのカラーが登場したときもそうでした。ピンク好きの人にとっては気が気じゃないんじゃないですかね。

    ただまぁ、これからはケースでなんとかやっていくしかなさそう。ちらほら早速サードパーティ製のケースも出始めているようですし。

    さようなら、美しきローズゴールド。

    関連記事(ローズゴールドのiPhoneが出たとき、PerfumeがPVに登場したのも懐かしい):iPhone 6sプロモーションビデオのPerfumeがあまりにも楽しそうだったので…

    Image: Apple
    Source: Apple(1, 2), Gizmodo US

    (Doga)

    あわせて読みたい

    powered by