「Apple 京都」オープン場所は四条烏丸〜河原町近辺の超一等地に? バイト情報から推測
Image: Art Silpakorn/Shutterstock.com

「Apple 京都」オープン場所は四条烏丸〜河原町近辺の超一等地に? バイト情報から推測

できたらお参りに行きます。

以前、日本のApple(アップル)の採用情報ページから判明した、Apple(アップル)が京都に直営店「Apple 京都」のオープンを計画しているかもしれないという噂。これについて続報です。マイナビバイトの掲載情報などを参考にすると、どうもこの直営店は四条烏丸〜四条河原町という京都商業地区の中心地に設置される可能性がありそうなのです。

今回の掲載情報では、1)四条烏山(四条烏丸の誤り)周辺エリア、2)京都駅周辺エリア、3)四条河原周辺エリアの3つが掲載されています。このうち四条烏丸と四条河原町は隣接しており、さらに京都駅周辺はオフィスを置くならともかく、あまり商業地区として賑やかな場所とは言えないので、四条烏丸から四条河原町近辺にApple 京都がオープンするだろう…と推測できます。

さらにMacお宝鑑定団blog(羅針盤)は突っ込んだ情報として、Apple 京都は京都産業会館跡地に建設される京都経済センター(仮称)にオープンする可能性を指摘しています。この京都経済センターの計画は個人的に知らなかったのですが、場所は四条通の烏丸からちょっと西側の、超一等地。まさに、Apple 京都がオープンするならここしかないといった場所です。

日本ではApple製品の人気が極めて高いことから、Apple直営店のオープンを待つ声は各地から聞かれます。今回の京都ももちろんそうですし、さらに訪日外国人のサポートなどの駆け込み寺としても、Apple 京都はきっと役立つはずです。

なお京都府が発行しているパンフレットによると、京都経済センターは2019年1月に完成する予定です。iPhone Xの次期機種か翌々年の新型iPhoneは、このApple 京都でぜひ受け取ってみたいものです。

2017年9月19日 修正:「四条通の烏丸からちょっと東側」は誤りでした。正しくは「四条通の烏丸からちょっと西側」です。

Image: Art Silpakorn/Shutterstock.com
Source: マイナビバイト, Macお宝鑑定団blog(羅針盤), 京都経済センター

(塚本直樹)

あわせて読みたい

powered by