「Apple Watch Series 3」ファーストインプレッション:「iPhoneと共に歩く」ストレスからの解放
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)

「Apple Watch Series 3」ファーストインプレッション:「iPhoneと共に歩く」ストレスからの解放

これこそ、臆病な僕に必要なガジェットでした。

Apple Watchというものは僕らの生活に寄り添い、支えるツールです。今日、それに触ったからと言ってその全てを理解するのは難しく、おそらく長期間着けていないとわからない「気付き」や「閃き」もあることでしょう。

それを踏まえた上で言わせていただけるのであれば、これは僕らが抱く「iPhoneの重み」と「断たれる不安」から解放されるデバイスです。


スタイルはカラー以外変化なし。でもGPS+Cellularモデルはワンポイントの自己主張

applewatch_0002
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)


applewatch_0001_3B0A2562
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)

編集部が選んだカラーはアルミニウムのゴールド。これまでもゴールドモデルはありましたけど、ゴールドの深みが変わっています。色合いとしては今回発売されたiPhone 8シリーズと同じカラーリングとなっています。

applewatch_0000
Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン)

初代Apple Watchの頃、Apple(アップル)のCEOであるティム・クックが着けていたApple Watchが同じく赤のデジタルクラウンでした。それを模したのかどうかはわかりませんけど、今日からはそこを見れば「おっ、Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)ですね」ってわかっちゃいます。

…いや、よっぽどのAppleファンだったりガジェット好きじゃない限りそこには気づかないのかもしれませんけどね。でも、僕自信がApple Watchユーザーだからなのかもしれないけど、街で行き交う人たちの腕にApple Watchがあったら、きっとデジタルクラウンの色を追ってしまうことでしょう



つい、こんなオフザケをやってしまうくらい。ダイソーの丸ラベルシールではちょーっと大きすぎましたけどね。


ストレスの原因はiPhoneだった

僕は最近、頻繁にウォーキングしています。

そして歩いていると常々感じるのが「iPhoneって重いな」ということ。僕のiPhoneがiPhone 7 Plusだということもあるのですけど、このサイズの端末をポケットに入れて歩くのは、なかなかのストレスです。

歩く時くらいiPhone置いていけば?とも思いますけど、いざという時に連絡が取れないのは怖さもあります。また、道中でのどが渇いたり、知らない道に挑んだら迷ってしまったり、緊急の電話がかかってきたら…。そういったことを考えたら、やっぱりiPhoneは手放せません。僕は臆病なのです

でも、Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)モデルであれば、そういった不安を解消できるかもしれないんです。

170922awwk01
Photo: 小暮ひさのり

その理由はやはりモバイル通信。

今回は自分のiPhoneとペアリングできない事情があったため(理由はこちら)、iPhoneと一緒に持ち歩くお散歩でしたけど、あえてiPhoneからの通信に頼らず、一通りApple Watch Series 3(GPS+Cellular)で行なってみました。

iPhoneとの通信がなくても、Siriさんが利用できるので、「○○まで案内して」なんて、ナビゲーションもApple Watchにオマカセです。

170922awwk03
Photo: 小暮ひさのり

メールやメッセージもちゃんとチェックできて、そのまま音声入力で返信もOK。また、お散歩に出かけてすぐに急な雨に襲われたのですが、Yahoo!ニュースからちょうど「雨に注意」という通知が届いていて、インターネット最高!って思いましたね。


また、Series 3になって、全体的なレスポンスアップとSiriさんの応答も速くなった印象です。iPhone無し、GPS+Cellularモデルであれば、Watchだけでこうして電話をかけることも、緊急の電話を受けることもできます。

まさに普段Apple WatchとiPhoneの両方を持ち歩いている感覚そのもの。これがiPhone無しで利用できるのね!と、この日のお散歩はApple Watch Series 3(GPS+Cellular)を得ることで訪れるであろう、iPhoneの重みを感じない生活を予感させてくれるものでした。これは確かにスマートウォッチの理想像のひとつです。

ただ、今回検証した中では一部のアプリはiPhoneが無いと利用できない(Apple Watch単体での通信に対応していない)ものもあったため、サードパーティ製アプリを利用する際は若干の注意も必要になります。この問題は次第に解決されていくかと思いますけどね。


同時発売されたスポーツループバンド、最軽量だけど必須ではない

170922awwk04
Photo: 小暮ひさのり

こちらが今回のApple Watch Series 3と同時に発売された新たなバンド「スポーツループバンド」です。ナイロンで織られたバンドは、マジックテープ式で無段階に長さを調整でき、腕にしっかりとフィット。

高級感はありませんけど、通気性と軽さにステータスを全振りしたバンドといえます。実際に装着してお散歩してみると、他のバンドよりも一回りも二回りも軽く、手首も蒸れません。そういったストレスからも解放してくれるため、エクササイズシーンで極限までの身軽さを求めるのであれば検討しても良いアイテムかもしれませんね。

そのシンプルな素材+構造を考えたらお値段は…お買い得とは言えなくて、思わずAppleの製品情報ページをニ度見してしまいましたけどね(ニ度見てもやはり価格は5800円でした)。


わずか4時間、それとも?

モバイルデータ通信がONの状態だと、バッテリーはそれなりの速度で減っていきました。Appleが公表している数値ですと、GPSと4G LTEを使用した屋外ワークアウトではバッテリーの持続時間は最大4時間です。

最大4時間

僕らはこの間、テクノロジーとネットワークと他人との関係を断つこと無く、外へ飛び出すことができます。つまり、4時間という無敵時間を得ることができるわけです。

170922awwk06
Photo: Suzuko

この時間が長いか、それとも短いかはみなさんの使い方しだいといったところ。でも、僕がこのApple Watch Series 3(GPS+Cellular)を持ってお散歩して感じたことを正直に言えば、毎日のウォーキングやランニングを快適にしたいというニーズには、確実に応えてくれるデバイスであることは保証します。

その際はこちらの記事でも解説しましたが、現時点では格安SIMユーザーにはApple Watch単体でのモバイル通信は利用できないようなのでご注意ください。


170922awwk05
Photo: 小暮ひさのり

そんな編集部のApple Watch Series 3を着けたお散歩の最中で立ち寄った。いや、導かれるように訪れたApple Store 渋谷では、ショーケースに並ぶApple Watch Series 3を見て、「これください」と言いかけてぐっと飲み込みました。

いま、僕の心はApple Watchへの憧れで埋め尽くされていて、Apple StoreアプリにはすでにゴールドのApple Watch Series 3がバッグに入っている状態。レビューして完全にヤられてしまいました。

この週末でボタンを押すか決めようと思います。

Photo: K.Yoshioka(ギズモード・ジャパン), 小暮ひさのり, Suzuko
Source: Apple

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

powered by