運転席を排除した未来過ぎるコンセプト電気自動車『Audi AICON』

    運転席を排除した未来過ぎるコンセプト電気自動車『Audi AICON』
    Image: Audi Germany /YouTube

    自律走行するのでハンドルもペダルも不要なんです。

    Audi(アウディ)の未来カーといえば、映画『アイ,ロボット』でウィル・スミスが運転していた『RSQスポーツクーペ』がありましたよね。あれは2004年に作った、2035年の世界で走るコンセプト・カーでした。

    あれから10年がたち、Audiは運転席を排除した斬新すぎるコンセプト電気自動車『Audi AICON』を生み出しました。まずはAudi Germanyの美麗なプロモ映像と、Autogefühlの長編プレゼンテーション紹介動画をご覧ください。

    Video: Audi Germany/YouTube
    Video: Autogefühl/YouTube

    ヘッドライトが表情を持つこのモデルは、マイバッハ同様床下にバッテリーを敷いており室内がより広く使えます。モーターは4つで4WDを実現。備え付けられたふたつのシートは、まるでリクライニングチェアのよう。インパネに仕込まれたディスプレイが、「好きなミュージシャンの新曲を見つけました」なんてお知らせしてくれます。また好きな映画やネットを楽しんだり、モニターを通じて会議などもできるそうです。

    観音開きのドアが開くと、後部座席は腰掛け程度のベンチがあるのも見えますね。インテリアはまるで未来の家の中にいるような居心地。車内には「PIA(パーソナル・インテリジェント・アシスタントの頭文字)」という名のAIが備わっており、ドライバーは彼(?)をどれくらい活動的にさせるかタッチパネルで調節ができるようになっています。

    タッチパネル上部の木目をタップするとPIAを呼び出せるかのような場面が出てきました。呼び出すと、フロントのインパネから表示するテーマなども選べるようになっているようです。

    公式サイトによりますと、『AICON』は一度の充電で800kmの航続が可能。車体は欧州規格のDセグメントで、全長5.4mのミドルセダン型。「フリーダム・オン・ザ・ロード(路上での自由)」をゴールに掲げたAudiは、今後も運転手に自由を与えるべく、学習型AIとともにある自動車を作っていくつもりなのだそうです。

    『AICON』は、9月14から24日まで開催されるフランクフルトモーターショー2017にて発表されます。

    Image: YouTube
    Source: YouTube(12), Audi

    岡本玄介

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ